コンサルティング・サービスにセキュリティを追加、デル

2005/2/16

デル プロフェショナル・サービス事業部 技術本部長 諸原裕二氏

 デルは2月15日、技術コンサルティング部門「デル・プロフェッショナル・サービス事業部(DPS)」のサービスメニューにセキュリティを追加したと発表した。同サービスは、すでにセキュリティ対策ポリシーが明確になっている顧客向けの「ポイント別ソリューション」とセキュリティ・レベルを短期間で診断する「短期セキュリティ診断サービス」の2つで構成している。

 Windows NTサーバのマイグレーション・サービス(サーバ統合、ストレージ統合を含む)を「数十件こなす過程で、セキュリティ対策のニーズが強まっているのを感じた」とプロフェショナル・サービス事業部 技術本部長 諸原裕二氏は、同社がセキュリティ・サービスの展開に乗り出す背景を話す。4月1日から全面施行される個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)も1つの契機となっているようだ。

 セキュリティポリシーや具体的なセキュリティ計画が社内にある顧客に対しては、同社が独自に設定した情報漏えい対策上の4つのポイント、すなわち「脆弱性管理」「データ/ログ保存、管理と監査」「職務分掌と権限付与」「本人確認/管理」に沿って、システム要件、機能要件ごとに段階的なサービス(ポイント別ソリューション)提案を行っていく。

 セキュリティに対する具体的な取り組みがない顧客に対しては、2〜3週間で行える「短期セキュリティ診断サービス」を100万円から提案する。この診断サービスでセキュリティ対策費用の見積りやセキュリティ・ロードマップの策定などを行い、「ポイント別ソリューション」の受注につなげていく。

(@IT 谷古宇浩司)

[関連リンク]
デルの発表資料

[関連記事]
オンサイト保守の「管制塔」、デルが新施設に込めた決意は (@ITNews)
オラクル、デルの協業が拡大、それぞれの思惑は? (@ITNews)
デルが乗り越える「ブレードサーバが普及しない理由」 (@ITNews)
SAPを2週間、1500万円で導入、デルが中堅向け新パッケージ (@ITNews)
デルが基幹システム進出宣言、「われわれは革命児だ」 (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -