もうノートPC落としても安心? NTTコムの対策

2005/2/23

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は2月22日、PCのハードディスク暗号化やヘルプ業務などを代行するサービス「HDD暗号化マネジメントサービス」の提供を3月より開始すると発表した。同社の提供するリモートアクセスソリューション「モバイルコネクト」のメニューの1つとして提供する。

 HDD暗号化マネジメントサービスは、ユーザー企業の社内LANとNTTコムのデータセンターを接続することで、ユーザー企業に存在するクライアントPCのハードディスク暗号化や認証などが可能になるサービス。サーバ機器の管理・保守はNTTコム側が一括して行うため、ユーザー企業は導入時と管理の手間を省くことができる。

 具体的には、ユーザー企業内のクライアントPCの「ハードディスク全体の暗号化」や、「電源を入れてから起動するまでの認証」「スクリーンセーバを含めたセキュリティポリシーの強制適用」などが可能となる。このサービスを利用すると、ポリシーに準拠しないマシンは社内LANに接続できないため、常にPCのハードディスクが暗号化される。このため、社外に持ち出した際に盗難や紛失しても、情報が漏えいする可能性が低いという。

 また、このサービスは完全なアウトソーシングサービスであるため、申し込みから1.5カ月で導入が可能なほか、導入費用も自前で構築した場合と比較して、初期費用で95%、年間の運用費で50%削減できるとしている。

[関連リンク]
NTTコミュニケーションズ報道発表資料

[関連記事]
日立がハードディスクレスPCを開発、情報漏えい対策に活用 (@IT News)
クライアント管理で究極の漏えい対策、インテリシンク (@IT News)
クライアントPC管理を簡単に、SoftGridが日本上陸 (@IT News)
「顧客の本音は専用線。付加価値で顧客を増やす」、NTTコム (@IT News)
情報漏えいの原因は持ち出せること。日本HPの対策は? (@IT News)
ISSの専門チーム「X-Force」、個人情報漏えいを防ぐ (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -