MSN、国内インターネット広告市場初の動画広告商品

2005/4/5

 マイクロソフトは4月4日、国内ポータルサイトとしては初となる無料動画ストリーミングサービス「MSNビデオ」をMSNで開始すると発表した。MSNビデオは毎月300本以上の動画コンテンツを無料で提供するサービスである。視聴者は、(MSNビデオを見るための)ユーザー登録やプロバイダー契約をする必要がない。コンテンツは5カテゴリ、11チャンネルで構成される。

 カテゴリは「ニュース」「スポーツ」「エンタテインメント」「自動車」「ライフスタイル」の5つ。これらのカテゴリに分類されるコンテンツはWebサイトでの放送を想定したコンパクトな形態で制作されている。例えば、「エンタテインメント」カテゴリで放送される「NATIONAL GEOGRAPHIC CH」は、ナショナル ジオグラフィック チャンネルのドキュメンタリーのハイライトを放送し、eiga.comでは最新の映画予告編を放送するというように、2〜5分程度で視聴が終了する。同社 MSN事業部マーケティンググループでは、(2〜5分を超える)長時間のコンテンツを追加することはない、とする。

 というのも、同サービスは、国内のインターネット広告市場において、初めてとなる動画広告商品という位置付けを持ち、ユーザーが自分で作った再生リストのコンテンツの再生前と再生の間にストリーミング広告を配信することで、収益を確保するビジネスの形態を採用している。そのほか番組再生時にサイズを変えて表示するエキスパンドバナーなどの広告商品も揃えている。

[関連リンク]
MSN

[関連記事]
MSNで携帯サイトを検索、新検索エンジンも開発中 (@ITNews)
ブログブーム、猫も杓子も古川氏(マイクロソフト)も (@ITNews)
BIGLOBEもはじめるBlogサービス、著作権は投稿者に (@ITNews)
NEC、iモードへの対応を強化した新検索サービス開始 (@ITNews)
Googleのアドワーズ広告、さらに精密に (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -