64bit版Windows Server 2003が5月登場、価格は現行と同じ

2005/4/22

 マイクロソフトは、64bit拡張技術のAMD64とIntel EM64Tに対応する新型OS「Windows Server 2003 x64 Editions」(x64 Editions)を5月中に出荷する。AMD64とIntel EM64Tに対応したプロセッサは、32bitと64bitの両方のアプリケーションを稼働させることが可能。マイクロソフトはx64 Editionsをプリインストールするサーバベンダ、対応アプリケーションベンダとともに5月中旬に正式発表する。

マイクロソフトのサーバー プラットフォーム ビジネス本部 Windows Server製品部 マネージャ 藤本浩司氏

 32bit/64bit互換のプロセッサは、AMDが「Opteron」「Athlon」を出荷、インテルは「Xeon」「Pentium 4」「Celeron D」をリリースしている。マイクロソフトのサーバー プラットフォーム ビジネス本部 Windows Server製品部 マネージャ 藤本浩司氏は32bit/64bit互換プロセッサについて、「従来のミッドレンジのUNIXサーバやオフコンのマーケットを切り開くことができ、Windows Server 2003への置き換えのきっかけになる」と語った。「過去の16bitから32bitへの切り替えと同じくらい重要だ」としている。

 現行の32bit版Windows Server 2003も32bit/64bit互換のプロセッサ上で稼働するが、メモリ空間の拡大など64bitアプリケーションのパフォーマンスを最大限発揮させるには、64bitに対応したOSが必要だった。マイクロソフトが出荷するのは、Windows Server 2003の「Datacenter x64 Edition」(64CPU、1TBメモリに対応)と、「Enterprise x64 Edition」(8CPU、1TBメモリ)、「Standard x64 Edition」(4CPU、32GBメモリ)。PC向けの「Windows XP Professional x64 Edition」(2CPU、128GBメモリ)も出す。

 32bit/64bit互換プロセッサとx64 Editions、64bitアプリケーションの組み合わせでシステムのパフォーマンスと拡張性が向上する。マイクロソフトのベンチマークによると、x64 Editionsを使うことでSAP R/3の同時使用ユーザー数が18%アップ、Active Directoryのスループットは2倍になった。「64bitアプリケーションのプラットフォームとして最高のパフォーマンスと拡張性を低価格で実現する」(藤本氏)。マイクロソフトはx64 Editionsのターゲットアプリケーションとして、ERPなどの業務アプリケーションやデータベースのほかに、Webサーバやハイパフォーマンス・コンピューティングなどを挙げた。

 x64 Editionsはネイティブで64bitアプリケーションを稼働させるが、32bitアプリケーションも「Windows 32 on Windows 64」(WOW64)と呼ぶ新サブシステム技術を使って動作させることができる。x64 Editionsは32bitアプリケーションのパフォーマンスも向上させることが可能。マイクロソフトのベンチマークによると、データベースの場合でスループットが5%アップした。x64 Editionsの出荷で、32bitアプリケーションと64bitアプリケーションを混在して使うシステムが増えるとマイクロソフトはみている。

 x64 Editionsの価格は現行のWindows Server 2003と同等の予定。パッケージのほかにOpen、Select、OEM、DSPの各ライセンスで提供する。

 マイクロソフトからみた場合、32bit/64bit互換プロセッサは「64bitのハイパフォーマンスと、多くの32bitアプリケーションが使用可能な“多用途”プラットフォーム」。一方、32bitプロセッサは、「対応アプリケーションの数や顧客の既存資産を考えると“メインストリーム”」だ。だが、将来的には32bitプロセッサは“レガシー”となり、32bit/64bit互換プロセッサがメインになるとみている。マイクロソフトは現行の32bit版Windows Server 2003の販売も続けるが、藤本氏は2005年末には32bit版とx64 Editionsの出荷比率が半々になると予測している。

(@IT 垣内郁栄)

[関連リンク]
マイクロソフト

[関連記事]
64ビット版Windowsを5月中旬にリリース、マイクロソフト (@ITNews)
マイクロソフト社長が交代、いろいろあるけど「基本を継続」 (@ITNews)
史上最高のパフォーマンスを10分の1の価格で実現、HP (@ITNews)
2004年はお客さまに選んでいただきました、AMD (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -