テープのままでディスクアレイ、HPが新ストレージ

2005/5/20

 日本ヒューレット・パッカードはミッドレンジ向けストレージの新製品を5月19日に発表した。注目されるのは、アプリケーションなどテープドライブの環境を維持したまま、実際のストレージデバイスとしてはディスクアレイを利用できるようにする「HP StorageWorks Virtual Library System」(以下、VLS)の国内初投入。コストをかけずにバックアップ/リカバリを行いたいが、テープドライブではパフォーマンスや信頼性が不満という顧客をターゲットにする。

 VLSはHPが「ニアオンライン」と呼ぶエリアに投入する。ニアオンラインはアクセス頻度は高くないが、必要なときには高速なリカバリが求められるデータを格納する。高速アクセス、高信頼性が求められるハイエンドの「オンライン」と、確実な保存と低コスト性が特徴の「ニアライン」の中間に当たる。HPはこれまでFATA(Fibre Attached Technology Adapted)ディスクを使って大容量、低価格のストレージをニアオンラインのエリアに適用してきた。VLSは従来環境を維持したまま、さらに低価格を追求する製品といえる。

米HPのストレージ・ワークス ディヴィジョン ニアラインストレージ・マーケティング マネジャー カルロス・D・マルチネス氏

 米HPのストレージ・ワークス ディヴィジョン ニアラインストレージ・マーケティング マネジャー カルロス・D・マルチネス(Carlos Martinez)氏は、VLSの利用が適してる環境として「バックアップアプリケーションがSANとLAN/SANで混在した環境で使用されている場合」と説明した。仮想ストレージにデータを書き込むメディアサーバが4〜6台以上あり、書き込みやリカバリにパフォーマンスが要求されるケースで利用できるとした。マルチネス氏によるとVLSのバックアップ速度は、テープドライブの約10倍。ファイル単位でのリカバリなど柔軟な運用が可能だという。「既存投資を保護したままでSANバックアップをシンプル化する」(マルチネス氏)。

 VLSは最大容量6.0TB(物理容量)の「6105」と、12.0TBの「6510」の2モデルを用意。最大スループットは6105が秒225MB、6510が450MB。最小構成価格は6105が367万5000円から、6510が714万円から。6月中旬に出荷する。

 HPはミッドレンジ向けSANストレージ「HP StorageWorks Enterprise Virtual Array」(以下、EVA)に新製品「4000」「6000」「8000」を追加した。仮想化技術などストレージの基本的な機能は現行の「3000」「5000」と同じ。パフォーマンスとディスク容量を引き上げた。

 4000の最大容量は16.8TB、6000が33.6TB、8000が72.0TB。価格は4000が363万3000円から、6000が678万3000円から、8000が1312万5000円から。6月上旬に出荷する。HPはまた既存製品の3000の価格を最大33%引き下げると発表した。

(@IT 垣内郁栄)

[関連リンク]
日本ヒューレット・パッカードの発表資料

[関連記事]
テープとディスクのいいところ取りでILM、富士通 (@ITNews)
「1台のコントローラでILMを実現」、ストレージテック (@ITNews)
日立、HPの新ストレージは仮想化を目指す異母兄弟 (@ITNews)
新潮流はディスク to ディスクのバックアップ、EMC (@ITNews)
第5世代のDDSを発売したHP、その後の戦略は? (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -