デュアルコアでもCPU単位課金、新SQL Serverの価格が決定

2005/9/17

 マイクロソフトは9月16日、次期データベース「Microsoft SQL Server 2005」の価格とライセンス体系を発表した。一部データベースベンダとは異なり、プロセッサライセンスでは、デュアルコアやマルチコアのプロセッサを使っている場合でもコア単位ではなく、プロセッサ単位で課金するとしている。

 SQL Server 2005は11月17日に発表される。用意するエディションは大規模システム向けの「Enterprise Edition」、中規模システム向けの「Standard Edition」、小規模システム向けの「Workgroup Edition」、Microsoft Desktop Engineの最新バージョンで無償配布する「Express Edition」。SQL Server 2005のCAL価格は、1CAL当たり1万9800円(Select A Level)。

製品名
プロセッサライセンス
サーバライセンス
SQL Server 2005 Enterprise Edition 290万8800円
(Select A Level)
152万7500円(25CAL)
SQL Server 2005 Standard Edition 69万8000円
(Select A Level)
20万6600円(5CAL)
SQL Server 2005 Workgroup Edition 45万100円
(Select A Level)
8万8700円(5CAL)
SQL Server 2005 Express Edition 無償 無償

 また、マイクロソフトは、SQL Server 2005の最終プレビュー版「Microsoft SQL Server 2005 September Community Technology Preview 日本語版」の提供も同日開始した。

 「Microsoft Visual Studio 2005」の価格も発表された。「Visual Studio 2005 Team Suite」のパッケージは150万円。「Visual Studio 2005 Team Edition for Software Architects」のパッケージが75万円、「Visual Studio 2005 Professional Edition」のパッケージが12万8000円などとなっている。

(@IT 垣内郁栄)

[関連リンク]
マイクロソフトの発表資料(SQL Server)
マイクロソフトの発表資料(Visual Studio)

[関連記事]
SQL Server、Visual Studioは11月17日発表、攻勢強めるMS (@ITNews)
マイクロソフト新社長が3カ年計画発表、やるべきことを明確に (@ITNews)
マイクロソフト社長が交代、いろいろあるけど「基本を継続」 (@ITNews)
ミッションクリティカル市場に少数精鋭部隊を投入、MS (@ITNews)
出血大サービス! MS、4万円のSQL Serverリリース (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -