韓国のオープン系ソリューションはすごい、トランスコスモス

2005/12/14

 トランスコスモスは12月13日、韓国の大手システムインテグレータ東部情報技術と資本提携を行い、約5%を出資したと発表した。ビジネスプロセス・アウトソーシング(BPO)事業などの分野で事業を協力して進め、段階的に拡大展開する予定。

トランスコスモス 取締役副会長 谷澤寿一氏

 資本提携によってトランスコスモスは、韓国企業や韓国に進出する日本企業、そのほかの外資系企業向けに、コールセンター業務などを含むソリューションを提供する。東部情報技術側には安定した収益モデルの確保、日本拠点の確保、グローバルな人材の養成などの利点があるという。

 東部情報技術の日本法人も設立する。トランスコスモス34%、東部情報技術66%の出資比率で、2006年春ごろまでに業務を開始する予定。トランスコスモス 取締役副会長 谷澤寿一氏は、「韓国には多数のオープン系ソリューションがある。優秀なコアテクノロジを日本に運び、作り込みは日本法人の韓国人エンジニアが行う」としている。

 谷澤氏は今回の資本提携の背景について「日本企業の求めるコスト削減、グローバル化に注目し、韓国と日本をブリッジするという挑戦をしたい」と説明。「トランスコスモスが主力としているコールセンター業務、推進しているマーケティングチェーンマネジメントを、韓国と北東アジアに浸透させたい」と語った。

(@IT 長谷川玲奈)

[関連リンク]
トランスコスモスの発表資料

[関連記事]
ITコーディネータを御社に派遣します、トランスコスモス
コンタクトセンターのコストを半分に、SAP
日立とトランスコスモスがネットビジネス分野で提携

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -