XMLコンがWeb 2.0勉強会 「盛り上がりをどう受け止めれば」

2006/2/24

 XMLコンソーシアムはWeb 2.0を企業の情報システムに活用することを検討する「Web 2.0勉強会」を3月3日に都内で開催する。同コンソーシアムでは「Web 2.0と呼ばれるインターネットにおける新しい技術やサービスを学び、企業情報システムに活用するための手がかりを探る」としている。

 Web 2.0勉強会は、同コンソーシアムのセミナーと併催する。セミナーのテーマもWeb 2.0でタイトルは「Web2.0! この盛り上がりをどう受け止めればよいか?」。マーケティングや技術の観点からWeb 2.0を分析するセッションや、Web 2.0を意識した開発スタイル、Webサイト構築を紹介する。

 Web 2.0勉強会はセミナー終了後に開催し、「Web2.0の現実的な有用性とエンタープライズシステムでの適用範囲」について議論するとしている。同コンソーシアムはこれまで「部会」を中心に活動してきたが、タイムリーな話題を会員企業で議論する勉強会を新たに設けた。

 Web 2.0勉強会は同コンソーシアムの会員企業の社員なら無料で参加できる。非会員会社は1人2000円。定員は100人で、先着順で締め切る。

(@IT 垣内郁栄)

[関連リンク]
XMLコンソーシアムの発表資料

[関連記事]
「Office“12”」が国内初公開、XML連携にかけるMS (@ITNews)
“RSSのデータベース化でWeb 2.0”の新サービス (@ITNews)
Web 2.0時代のYahoo!とは、検索リニューアルで端緒つかむ (@ITNews)
多様なXMLを操るユーザーツール、xfyが10月末に提供開始へ (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -