MSが「Windows Vista」公開、「3DのUIで生産性が向上」

2006/4/22

 マイクロソフトは4月21日、開発中の次期クライアントOS「Windows Vista」を公開した。新機能の「Windows Aero」や企業ユーザー向けのセキュリティ機能をデモンストレーションし、革新性をアピール。同社のWindows本部 本部長 ジェイ・ジェイミソン(Jay Jamison)氏は「厳しい条件のニーズがある中、Windows Vistaは企業への価値提案の布石になる」と語った。

 Vistaは企業ユーザー向けに2つのバージョン、家庭ユーザー向けに3つのバージョンを用意する。企業向けは「Windows Vista Business」と「Enterprise」、家庭向けは「Windows Vista Home Basic」「Home Premium」「Ultimate」。

 企業向けバージョンと、Home Basicを除く家庭向けバージョンは新しいユーザー・インターフェイス「Windows Aero」を採用する。デスクトップのウィンドウを半透明にし、背後のウィンドウを確認できるようにする技術で、「企業ユーザーの生産性の向上にもつながる」(同社 Windows本部 ビジネスWindows製品部 マネージャ 中川哲氏)という。重なったウィンドウを3D表示にしたり、タスクバー上のウィンドウのサムネイルを表示させるなど、ウィンドウやフォルダの中身が視覚的に確認できる仕組みを用意している。

Windows Vistaで採用する新しいユーザー・インターフェイス「Windows Aero」。ウィンドウが半透明になり、背後のウィンドウを確認できる

 また、各フォルダや「コントロールパネル」に「クイック検索ボックス」を用意し、Windows Vistaの機能項目や保存ドキュメントを迅速に検索できるようにした。

Windows Aeroでは3D表示のウィンドウを傾けて画面の内容を確認できる

 企業向けのWindows Vista Enterpriseには「多層的なクライアントセキュリティ」(マイクロソフト)を用意する。その1つがデモを行った「Windows BitLocker Drive Encryption」。ハードディスクドライブを暗号化し、専用のキーがないとPCを起動できないようにする。PCの紛失などによる情報流出を防止できる。専用キーはUSBメモリかTrusted Platform Moduleのチップに格納する。Active Directory環境では管理者が回復キーを一元管理していて、キーが破損しても復旧が可能。Windows Vistaではほかにマルウェア対策を行う「Windows Defender」や管理者権限の乱用を防止する「User Account Control」を搭載する。

 USBメモリなどのリムーバブルメディアを使用不能にする機能も標準で搭載する。Active Directoryのグループポリシーを使って複数のクライアントPCに対して一括適用が可能。これまでは「Microsoft Systems Management Server」などを組み合わせる必要があった。

 企業でのクライアントPCの大量導入に対応した機能も、Windows Vista Enterpriseで提供する。セキュアな環境を構築した1台のPCのイメージを複製して、別のPCにネットワーク経由やDVDメディアなどで配布する機能。ImageXコマンドで作成したイメージファイル(Windows Imaging Filesystem)を、サーバで稼働する「Business Desktop Deployment」(BDD)にアップデート。PCにインストールするイメージファイルやアプリケーションを設定する。各クライアントはネットワーク経由でBDDにアクセスしたり、DVDメディアの配布を受けてイメージファイルを読み込む仕組み。

 マイクロソフトはWindows Vistaのセキュリティ対策についてLACと提携したことを明らかにした。LACはWindows Vistaの出荷後にセキュリティ対策のガイドラインを提供するという。

 マイクロソフトは幅広いユーザーにWindows Vistaのベータ版を提供する「カスタマープレビュープログラム」を6月までに開始する予定。製品出荷は企業向けのボリュームライセンス版が11月以降、一般ユーザー向けは2007年1月以降の予定となっている。

(@IT 垣内郁栄)

[関連リンク]
マイクロソフト

[関連記事]
ビル・ゲイツ会長にとって「Web 2.0」とは? (@ITNews)
MSが「Office Groove」を初公開、PtoP活用しファイル共有 (@ITNews)
コンシューマ版Windows Vista提供が延期、2007年1月に (@ITNews)
Windows Vistaで「セキュリティはジャンプアップする」とゲイツ氏 (@ITNews)
「Office“12”」が国内初公開、XML連携にかけるMS (@ITNews)
Windows Vistaで語るべき、3つのセキュリティ機能 (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -