今度のFOMAは、音楽でも負けない仕様?

2006/5/12

 NTTドコモは5月11日、FOMAの夏モデルとなる「902iS」シリーズ8機種を発表した。従来比で約10倍となる下り3.6Mbpsを実現するFOMAの進化版「HSDPA」に対応した「N902iX」が登場したほか、Windows Media Audio(WMA)ファイルの再生が可能になるなど、全般的に音楽機能の充実が図られた。

下り3.6Mbpsを実現するFOMAの進化版HSDPAに対応したN902iX
 902iSシリーズでは、クレジットサービス「DCMX」のiアプリを全機種にプリインストールしたほか、サーバ上に電話帳データなどを保存できる「電話帳お預かりサービス」や、携帯電話を紛失した際に個人データやおサイフケータイを遠隔操作でロックできる「おまかせロック」などの新サービスが登場した。また、音声やテレビ電話発信時に、例えば「いますぐ話したい」といった10文字以内の文字を相手に伝えることができる「着もじ」や、902iシリーズではP902iのみの対応だった外部メモリへのコンテンツ移行機能が7機種に搭載された。

 そのほかの902iSシリーズの特徴として、NTTドコモ マルチメディアサービス部 サービス企画 担当部長 前田義晃氏は、「音楽機能の充実」を挙げた。実際、ミュージックプレイヤーは全8機種に搭載されたほか、P902iSとN902iSは楽曲を1曲丸ごとiモードからダウンロードできる「着うたフル」に対応した。また、F902iSはPCで広く使われているWMAファイルに対応したミュージックプレーヤーを搭載し、PCとの連携を強化している。そして、最大の特徴は、N902iXが対応する音楽サービス「ミュージックチャンネル」の登場だ。

 ミュージックチャンネルは、国内のレーベル各社やラジオ局などが独自のチャンネルを用意。ユーザーはあらかじめ好きなチャンネルを1つ指定すると、最大25Mバイトの番組データを深夜に自動的にダウンロードし、日中いつでも楽しむことができるというもの。1曲当たりの容量が1.5Mバイト〜2Mバイトであるため、1回当たりおおよそ10曲(1時間分)の楽曲をダウンロードできるとした。このサービスは、HSDPA専用のサービスとして位置付けられているため、当面N902iXのみの対応となる。HSDPAの対応エリアは、東京23区からサービス提供を開始し、2006年度末には人口カバー率70%を目指すという。

 セキュリティ面では、5機種に生体認証を搭載したほか、おまかせロックや電話帳お預かりサービスを開始した。生体認証は、D902iSが声に反応する「声認証機能」を搭載、N902iSとP902iS、SH902iSが顔認証を、F902iSは指紋認証機能を採用した。おまかせロックは、携帯電話を紛失した際などに、電話1本でおサイフケータイや電話帳、スケジュール、メールなどをロックできる機能。事前の設定や申し込み不要で利用できる。電話帳お預かりサービスは以前から要望の強かったサービスで、携帯電話内の電話帳や静止画、メールなどを最大4Mバイトまでドコモのデータセンターでバックアップするサービス。電話帳は手動更新だけでなく、月1回/週1回/毎日の頻度を選択して自動バックアップすることが可能だ。また、N902iSとP902iSの2機種は国際ローミング「WORLD WINGS」の3Gローミングに対応。欧州を中心とした世界33カ国で利用可能となっている。

発表された新機種。左からSO902iiWP+、P902iS、N902iX、N902iS、F902iS、DOLCE SL、SH902iS、D902iS

 新機能を機種別に見ると、D902iSはフルブラウザに対応したほか、手ぶれ補正対応の記録画素数400万画素のカメラを搭載した。液晶はD902iと比較して輝度で1.2倍、コントラスト比で1.5倍上がった。なお、902iシリーズでは唯一対応できていなかった「モバイルSuica」にも対応したという。F902iSはWMAに対応したミュージックプレイヤーを搭載し、携帯電話を閉じた状態でもミュージックプレイヤーや指紋センサーの操作ができる点が特徴だ。N902iSはデジタル手ぶれ補正が進化し、X軸、Y軸、Z軸の計6軸方向の静止画手ぶれ補正を実現。また、雑誌の表紙やCDジャケットをカメラで撮影するだけでWebサイトへアクセスできる「カメラでケンサク!ERサーチ」に対応した。

 P902iSは着うたフルに対応したほか、Bluetoothを使ったワイヤレスヘッドホンにも対応し、一層音楽ケータイの機能を充実させている。SH902iSは、アルミ素材を採用したほか、FOMA最長となる約22時間の音楽再生が可能となった。SO902iWP+は1メートルの水深で30分耐えられる「IPX7等級」の防水仕様が特徴だ。

 DOLCE SL(SH902iSL)はDOLCE特有の大人向けの質感を継続したほか、902iSシリーズと同等のおサイフケータイやプッシュトークやフルブラウザなどの最新機能にも対応した。なお、902iSシリーズに合わせて700シリーズとなる「SA702i」と「SO702i」、HSDPA対応のFOMAカード「M2501」も発表された。

 前田氏は、「まもなくFOMAの契約数はmovaを逆転する。すでに関東甲信越地方ではFOMAが逆転している。このまま、FOMAを増やしていきたい。今回は音楽機能を充実させたほか、HSDPA対応端末が目玉だ。今後、HSDPA対応機種を増やしていく予定。902iSシリーズは、5月下旬から6月にかけてリリースを始め、夏ころまでにはラインアップをそろえたい」とコメントした。

D902iS、フルブラウザを搭載した N902iSは6軸に増えた手ぶれ補正が特徴 着うたフルに対応し、音楽機能を強化したP902iS
D902iSではモバイルSuicaにも対応する 「カメラでケンサク!ERサーチ」は簡単にサイトへアクセスできた Bluetoothを使ったワイヤレスヘッドホンは別売りもされる
水に濡れても大丈夫なSO902iiWP+ アルミ処理が特徴的なSH902iS 閉じたまま音楽再生の操作と指紋認証ができるF902iS
防水処理された分、SO902iより一回り大きい印象を受ける FOMA最長となる約22時間の音楽再生が特徴 902iSシリーズで唯一WMAに対応したミュージックプレイヤーを搭載する

(@IT 大津心)

[関連リンク]
NTTドコモ

[関連記事]
ドコモは1200万人に月1万円の与信を与えます (@ITNews)
携帯電話の「生活ケータイ」化、着々と進む、NTTドコモ (@ITNews)
“ケータイの新しいカタチ”を提案したい、ドコモ (@ITNews)
法人市場をこじ開けるNTTドコモのIP携帯電話 (@ITNews)
どこまで安い? NTTドコモが普及版FOMAを発表 (@ITNews)
携帯電話に「電子三半規管」、ボーダフォン (@ITNews)
ハセキョーも応援、ドコモがFOMA新シリーズ発表 (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -