新W-ZERO3のウリは「メモリ増強」と「辞書内蔵」

2006/6/7

 ウィルコムは6月6日、同社の人気製品「W-ZERO3」の高機能版(型番:WS004SH)の販売を6月22日から開始すると発表した。メモリを128MBから256MBに倍増したほか、電子辞書機能を搭載した。ウィルコム 代表取締役社長 八剱洋一郎氏は、「前回12月の発売時には、製造台数が追いつかず、売り切れ店が続出し、ユーザーには大変迷惑をかけた。今回はそのようなことのないよう十分に用意した。多くのユーザーに使ってほしい」と意気込みを語った。

「W-ZERO3」の高機能版となる「型番:WS004SH」の外観(クリックで拡大)
  WS004SHは、W-ZERO3のハイスペックバージョンという位置付けとなり、ユーザーから要望の多かったメモリ増強や電子辞書機能の搭載などの対応を行った。具体的には、内蔵メモリが従来の128MBから258MBに増加したほか、英和辞典や和英辞典、国語辞典など各種辞典を搭載。OSもMSFPに対応した最新版「Windows Mobile 5.0 for Pocket PC」を搭載する。最新版ではマイクロソフトのExchange Serverをサポートし、電子メールやスケジュールの同期、リモートロックが利用可能になる点が大きく異なる。

 また、Webブラウザも6月6日に公開されたばかりの最新版「Opera Browser 8.6 for W-ZERO3」を搭載。このブラウザはW-ZERO3ユーザーであれば無償でダウンロードできる。そのほか、カメラなどの基本スペックは「WS003SH」に準拠する。ボディカラーは、ガンメタリックとパールホワイトの2色を用意。「指紋が目立つという声も多かったことから、あまり目立たないような工夫もした」(ウィルコム 常務執行役員 土橋匡氏)とのこと。価格はウィルコムストアの場合で、新規契約のW-SIMセットが4万4800円、機種変更も4万4800円、SIMなしの単体モデルが5万円になる予定だという。

 土橋氏は、WS003SHを「W-ZERO3の当初の販売目標10万台を軽く上回り、15万台に達した。満足度調査でも『どちらかといえば』を含むと89%が満足と回答するなど、満足度も高い」と評価。「利用動向を調べたら、意外と思われるかもしれないが、電話としての利用が月間105分、データ通信が月間64MBであり、PDAとしてではなく電話としての利用も多かった」との調査結果を明らかにした。一方、改善要望点では、1位にバッテリー、2位に指紋が目立つ/黒以外のボディカラー、3位にメモリ、4位のハード/ソフト両面での改善などが挙げられたという。

WS004SHの裏側。右下にintelロゴが入った(クリックで拡大) 8月にリリース予定のロケーションフリー対応機能を利用してTV画面を映しているところ。画像は、現時点ではいま一歩な印象を受けた(クリックで拡大)

 WS004SHは、このような改善要望に沿って改良が施された。ただし、「バッテリーに関しては改善できていない。今後の継続課題として挙げていきたい」(土橋氏)とした。WS004SH向けの新サービスでは、8月にSONYのロケーションフリーに対応する予定だという。

 また、中小企業やSOHOユーザー向けにASP形式でスケジュールやアドレス帳などビジネスアプリケーション機能を提供する「WILLCOM Business Package A(仮)」を8月をめどに提供を開始。自社サーバを持つ企業向けに、セキュリティネットワークを提供する「WILLCOM Business Package B(仮)」を開始するとした。

 八剱社長は、「W-ZERO3の好調ぶりもあって、5月27日に400万契約を突破した。5月は約5万の純増だ。WS003SHの売れ行きは予想以上だったが、WS004SHも順調に販売を増やしていきたい」と語った。

(@IT 大津心)

[関連リンク]
ウィルコム「W-ZERO3」

[関連記事]
ウィルコムがWindowsスマートフォン発表、PHSと無線LANに対応 (@ITNews)
W-ZERO3はすでに2000社で利用されている〜ウィルコム (@ITNews)
「サイボウズ仕様のW-ZERO3を出したい」〜サイボウズ青野社長 (@ITNews)
W-ZERO3で本格化するWindows Mobile “Origami”の影響は (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -