公開後のWebサイト管理・運用も可能、サイトサプリシリーズ

2006/7/12

 パナソニック ネットワークサービシズは7月18日、Webサイト管理・運用者向けのWebサイトマネジメントシステム「サイトサプリ」シリーズを発表した。

 同社によると、従来のコンテンツマネジメントシステムはコンテンツの作成・公開までを主な機能としていたが、「サイトサプリ」は公開後のWebサイトの管理・運用にかかわる情報を管理することもできるという。また、同シリーズは、CMSが導入できない場合でも、必要に応じた製品だけを導入することが可能。

 シリーズ第1弾は、Webサーバのさまざまな情報を統合管理する「サイトサプリ:サイトマネージ」。Webサーバ内のファイル状況などを視覚的に管理でき、Webサーバの状態を健全に保つことができる。第2弾以降で、HTMLファイルの配信管理機能や会員管理連携機能などのリリースを予定している。

[関連リンク]
パナソニック ネットワークサービシズ

[関連記事]
新ColdFusionは「誰でも使えるWebアプリケーションサーバ」 (@ITNews)
NECがExpressをベースにしたサーバアプライアンスを発売 (@ITNews)
HPが初のappサーバを発表、Webサービス市場へ本格進出 (@ITNews)
Webサーバに認証機能を追加するミドルウェアが日本HPから (@ITNews)
HP、アプリサーバ市場で勝負へ (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -