メインフレームやSAPのデータをDr.Sum EAに取り込めるツール

2006/9/16

 ウイングアーク テクノロジーズは9月15日、報道関係者向けの説明会を実施。同社の多次元レポーティングツール「Dr.Sum EAシリーズ」の新製品や新機能の解説を行った。

ウイングアーク テクノロジーズ Dr.Sum事業部 営業企画マネージャ 安原幹雄氏
 Dr.Sum EAは、データベースに溜まった企業データを収集し、独自開発のデータベースエンジンで高速に集計してさまざまな角度でレポーティングできるツール。ウイングアーク テクノロジーズ Dr.Sum事業部 営業企画マネージャ 安原幹雄氏によると、「主に帳票関連製品を提供してきた当社だが、ユーザーから『帳票の中にあるデータを自由に使えるようにしたい』という声を多く聞くようになったことがそもそもの開発背景にある。従って、開発時には『次元設計の完全な自由度』と『高速応答性能』という二律背反する要素を実現しなければならなかった」と説明した。

 Dr.Sum EAで集計したデータは、ExcelやWebサイトなどで閲覧できるように、さまざまなツールも用意している。具体的には、経営層向けにダッシュボードなどを提供する「Dr.Sum EA Visualizer」、Web上での自由集計などを実現するレポーティングツール「Dr.Sum EA Datalizer for Web」、Excel上でマルチレイアウトデータ集計ができる「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」、現場のエンドユーザー向け「EXCELアドインインターフェース」、データベース以外のERPやメインフレームとDr.Sum EAをつなぐ「Dr.Sum EA Connect」の5種類のツールが用意されている。

 また、Dr.Sum EAのエンジンもデータ規模に合わせて3種類用意。1テーブル2000万件まで格納可能な32bit版「Dr.Sum EA Advanced」、1台で最大1億件のレコードが集計可能な64bit版「Dr.Sum EA Premium」、複数のEAを結合して大規模集計が可能な「Dr.Sum EA Enterprise」となっている。安原氏によると、「Dr.Sum EA Enterpriseの使用用途で最近多いのは、セキュリティログの集計・解析だ。セキュリティログは多い企業の場合、1日数億件の割合で増えている。これを集計するのにはDr.Sum EA Enterpriseクラスの処理能力が必要だ」と説明した。

 今回新たにラインアップに加わるのは、「Dr.Sum EA Connect」と「Dr.Sum EA Datalizer for Web」。従来、Dr.Sum EAに取り込めるデータは、OracleやDB2、SQL Serverなどのデータベースのデータと、テキストやCSVデータだけだった。しかし、データベース以外のメインフレームやSAPのデータもDr.Sum EAへ集めて集計したいという要望が増えたため、対応したという。安原氏は、「いわゆるEA的な役割を担う。Dr.Sum EA Connectを通す際に、『会社名データの株式会社を取って渡す』といったデータ加工を行うことも可能だ」

 Dr.Sum EA Datalizer for Webは、集計したデータをWebブラウザ上に表示するツール。通常はExcel上に表示するが、Webサイト上で表示したいというニーズも多かったことから対応した。

(@IT 大津心)

[関連リンク]
ウイングアーク

[関連記事]
「帳票SOA」、ウイングアークは標準化を目指す (@ITNews)
ウイングアーク、帳票出力だけでなく入力もカバー (@ITNews)
帳票ソリューションが.NET Framework対応に、ウイングアーク (@ITNews)
みんなで行けば怖くない? 国産ベンダ13社が“連合軍”で海外市場へ (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -