VistaとOfficeの価格決定

最上位モデルWindows Vista Ultimateは4万8800円

2006/10/26

 マイクロソフトは10月26日、「Microsoft Windows Vista」日本語版、および「the 2007 Microsoft Office system」日本語版の参考価格(実際はオープン価格)を発表した(価格はすべて税抜き)。

 「Microsoft Windows Vista」日本語版のパッケージは4種類ある。

写真 マイクロソフトのWindows本部 本部長 ジェイ・ジェイミソン氏

 個人向けはHome BasicとHome Premiumの2種類。Home Basicは通常版が2万5800円、アップグレード版が1万3800円。Home Premiumは通常版が2万9800円で、アップグレード版が1万9800円。このエディションにはアカデミック版もあり、1万7800円。

 企業向けのWindows Vista Businessは通常版が3万7800円、アップグレード版が2万5800円。仕事と家庭の両方のニーズに対応したというWindows Vista Ultimateは通常版が4万8800円、アップグレード版が3万1800円。

 「the 2007 Microsoft Office system」日本語版のパッケージ製品も全部で4種類。

 個人向けのOffice Personal 2007には、Word/Excel/Outlookが同梱されて通常版が4万4800円(アップグレード版2万1800円)。SOHO対応のOffice Standard 2007はPowerPointが加わって通常版5万2800円(アップグレード版2万8000円)。ビジネス向け「Office Professional 2007には、さらにAccessとPublisherが追加されて、通常版5万9800円(アップグレード版3万7800円、アカデミック版3万2800円)。最上位製品のOffice Ultimate 2007には、GrooveやOneNote、InfoPath、InterConnectも追加されて通常版8万4800円(アップグレード版6万7800円、アカデミック版3万9800円)。

 今回同社が発表したのはパッケージ製品の市場参考価格と、アップグレードプログラムの展開開始について。開発期間に6年をかけたVistaのリリースについて、「いよいよ着陸態勢に入った」(同社)と表現しつつも、発売日はいまだに決定していない(企業向けには11月、個人向けには2007年1月頃発売するという予定はある)。

関連リンク

(@IT 谷古宇浩司)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -