OSやアプリケーションにも対応

オープンソースのトータルサポートを開始、ワイズノット

2006/11/08

 ワイズノットは11月8日、オープンソース(OSS)のトータル・サポートサービスを11月21日に開始すると発表した。スタック(LAMP/LAPP)だけではなく、OSおよびアプリケーションまでサポートする。同社のシステム構築サービスを利用していない企業でもサポートサービスだけを購入することが可能。Webと電話、オンサイトで対応する。年間22万8900円(税込み)から。

wise01.jpg ワイズノット エンタープライズソリューション事業本部 本部長 執行役員 土橋芳孝氏

 年間約23万円からという価格は、シーイーシー(年間約40万円から)や野村総合研究所(年間35万円から)のOSSサポートサービスと比較すると競争力を持つと同社は説明する。また、「PHP4関連OSS(Debian Linux、PHP4、Apache、MySQL、PstgreSQL、XOOPS、osCommerce)をサポート対象とするのも他社にはない特徴」(エンタープライズソリューション事業本部 本部長 執行役員 土橋芳孝氏)だという。

 ユーザーが独自にカスタマイズしたOSSアプリケーションを解析し、サポートするメニューも用意している。現段階では、OSSだけをサポートするため、障害の中からOSS関連の問題を切り分けるという作業が必要になる。ビジネスパートナーと共に非OSS技術が混在した環境でのサポートメニューもパッケージ化していく予定。同社 ソリューション営業本部 本部長 執行役員 吉政忠志氏は「年内には商品化したい」と話す。

 サポート要員は5人。ニーズに応じて、関連会社のリソースを柔軟に活用しながら対応する。初年度は50社との契約を目標とする。

関連リンク

(@IT 谷古宇浩司)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -