日本人エンジニアが開発

3Dデスクトップ環境「Project Looking Glass 1.0」公開、米サン

2006/12/22

 米サン・マイクロシステムズは12月19日(米国時間)、オープンソースの3Dデスクトップ環境「Project Looking Glass」のRelease 1.0をWebサイトで公開した。Looking Glassはデスクトップ上のウィンドウを立体的に表示し、横に並べたり、裏返したりすることができる技術。主にJavaで開発している。埋もれたウィンドウを探しやすくなるなどデスクトップを使った業務の生産性向上が期待できる。

 Looking Glassは米サンの日本人エンジニア、川原英哉氏が中心となって開発。2004年8月に国内でLooking Glassの説明会を開いた川原氏は「この数年はサーバ側での革新が続いていて、クライアントはWebブラウザがあればいい、という感じだったが、これからクライアントの革新が行われる兆候がいくつかある」と当時、コメントした。「WindowsやMacintoshのその先、デスクトップはどうなるのか、というところを目指している」という。

 Webサイトで公開したのはLinux、Windows XP、Solaris用のバイナリ。

sun01.jpg 「Project Looking Glass」の利用画面(サンのWebサイトから引用)

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -