携帯電話各社4月から一斉にシステム導入

110番のケータイ、GPSで位置情報を自動通知

2007/01/10

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルなど携帯電話各社は1月10日、携帯電話から110番、118番、119番の緊急通報が発信された際に発信元の位置情報を自動的に通知する「緊急通報位置通知」システムを4月1日以降導入すると発表した。

 システム導入は、総務省が2006年1月に改正、公布した事業用電気通信設備規則に対応したもの。携帯電話からの緊急通報時にはGPSの測位情報もしくは接続基地局の位置情報を通知することが義務付けられている。ただし、生命などに危険があると判断される場合を除き、緊急通報番号の前に「184」を付加することで位置情報を非通知にすることもできる。

 4月1日時点で緊急通報位置通知に対応したシステムを導入するのは、警察機関(110番)では北海道網走支庁管内/東京都/神奈川県/愛知県/大阪府/奈良県、海上保安庁(118番)は全国対応、消防機関(119番)については現在調整中となっている。

 なお、システム導入後も電波状況などにより必ずしも正確な位置情報が通知されない場合があるため、引き続き口頭で発信場所や目標物を伝えるよう、携帯電話各社は利用者に呼びかけている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -