フュージョンのIP電話網をゲートウェイに

Skypeで050番号利用の発着信が可能に

2007/01/10

fusion01.jpg フュージョン・コミュニケーションズ 営業本部 副本部長 平山義明氏

 IP電話サービスなどを提供するフュージョン・コミュニケーションズは1月9日、Skypeを使って公衆回線網への発着信を行う「フュージョンでSkype」の提供を15日から開始すると発表した。Skypeから直接固定電話や携帯電話に向けて発信したり、逆に固定電話や携帯電話からの発信をSkypeで受け取ることができる。

 サービスは、これまで同社が提供してきたIP電話システム「Fusion IP-Phone」をゲートウェイとして、公衆回線網とインターネット側のSkypeを結ぶもの。このため通話にはFusion IP-Phoneで利用する050番号の取得が必要になる。

 サービスの利用にはSkypeのほか、パソコンに専用ソフトウェアをインストールする必要がある。この専用ソフトウェアがSkypeの発信を監視して中継を行うため、ユーザーはSkype上だけで操作が完結する。

 番号登録料は525円で、月額基本料金は399円。通話料金は固定電話への通話が3分8.4円、携帯電話への通話が1分16.8円。支払いはクレジットカードによる後払い。従来、Fusion IP-Phoneは同社が提供するISPサービス加入者のみが利用可能だったが、フュージョンでSkypeはISPの制限はない。

 ただし、サービス開始当初はフュージョンとウェルトーンが共同開発したUSBハンドセット(5980円)、イヤフォンマイク(980円)のスタートキットを購入する必要がある。

事実上のSkypeIn、SkypeOutを実現

 すでに同社は2006年9月に、SkypeからFusion IP-phoneを経由して公衆回線網に着信させるサービスの提供を開始していたが、逆方向のSkype側への着信は今回が初めて。

 Skypeにはもともと、公衆回線網との発着信を直接行う「SkypeIn」、「SkypeOut」のサービスがグローバルで提供されているが、国内では総務省が定めた通話品質の確保の条件を満たさないため、これまで発着信に必要な050番号などの電話番号を割り当てることができなかった。Skypeはフュージョン・コミュニケーションズと協業し、同社のIP電話システムをゲートウェイとして使うことでこれを実現した。「フュージョンというブランドを得たことで、総務省の指導のもとでサービスを提供していると信頼性のアップにつながる」(Skype日本オフィスジェネラル・マネージャ 岩田真一氏)とし、今後はサービス品質にシビアな法人向けにも利用を拡大したい考えだ。

fusion02.jpg

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -