CD-ROMから自動実行で痕跡を調査・報告

P2P利用歴を洗い出すソフト「Winny特別調査員」発売

2007/01/17

 ネットエージェントは1月17日、WinnyをはじめとするP2Pソフトの利用歴や、暴露ウィルスの感染歴を検知・報告するソフトウェア「Winny特別調査員」を発売した。購入は100ライセンス以上からで、ISOイメージの場合は1ライセンス200円。CD-ROMの場合はメディア代が1ライセンスごとに500円プラスされる。

 Winny特別調査員は企業などが自社の従業員、協力会社社員、派遣社員などに配布して自宅のパソコンで実行させるソフトウェア。情報漏えい防止の観点から、最近はP2Pソフトを会社や自宅で使用しないという誓約書を企業と従業員の間で交わす例が増えているが、そうしたケースで実際の利用の有無を確認できる。

 autorunで自動実行されるWinny特別調査員は、Winnyのほか、Share、Perfect Dark、cabos、limewire、BitComet、AntinnyといったP2Pソフトやウィルスの有無についても調査する。調査結果は事前にユーザー企業側で用意したWebサーバ上に、CD-ROMごとに設定された個別IDとともに送信される。自社のWebサーバ上にCGIを設置する必要があるが、オプションでCGI設置サービスも受けられる。

winny01.jpg Winny特別調査員の画面例。検査結果は指定URLに送信される(クリックで拡大)

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -