19個のCPUとジャイロセンサー搭載でバランス感覚抜群

タカラトミー、声で命令できる超小型二足歩行ロボット発売へ

2007/01/23

 タカラトミーは1月23日、全長16.5センチの超小型の二足歩行ロボット「Omnibot2007 i-SOBOT」(以下、アイソボット)を7月に発売すると発表した。ロボットは組み立て済みで予定価格は3万1290円。全身17カ所に独自開発の小型サーボをを用いたほか、19基のCPUとジャイロセンサーを搭載。自動的にバランスを取りながら、多彩な動きができる。

takaratomy01.jpg 全長16.5センチの超小型の二足歩行ロボット「Omnibot2007 i-SOBOT」(アイソボット)。バッテリ込みで重量350gと軽量だ
takaratomy02.jpg アイソボット付属のリモコン。リモコンのほか、ロボットに言葉をかけることでも操作ができる

 付属のリモコンで操作してパンチ、キックガードなどの動作ができるほか、「動け」、「止まれ」など10種類の言葉による指令も可能。拍手や音楽に合わせてダンスもできる。

 ユーザーによる動作のプログラムも可能で、リモコンの液晶画面に出る20ブロック分に行動を登録し、組み合わせることでユーザー独自のアクションプログラムを組める。アクションプログラムは3つまでメモリに登録可能。

 また、アイソボットの上位モデルとして頭部にカメラを備えた「Omnibot2007 i-SOBOT CAM Version」(予定価格4万1790円)も同時期に発売予定。頭部カメラは左右に60度ずつパンし、部屋の中などを静止画で撮影する。撮影画像は無線LANでパソコンや外出先の携帯電話に転送できる。

 アイソボットの両モデルで国内5万個、全世界30万個の出荷を目指す。

子ども時代の夢をもう1度! 大人向け玩具市場に注力

takaratomy03.jpg タカラトミー 代表取締役副社長の佐藤慶太氏

 タカラトミー 代表取締役副社長の佐藤慶太氏は「昨年は任天堂旋風が吹き荒れた年だったが、一方で定番の玩具に加え、大人向けの玩具市場が伸びた1年だった」と2006年を総括。CPUやセンサーの小型化、低価格化によって可能となった比較的高性能の「大人のラジコン」分野へ、今後も注力すると話す。

 中でも同社が力を入れているのが、室内で“飛ばせる”ラジコンだ。今回、二足歩行ロボットに合わせて開発中の3種の玩具がお披露目された。

竹コプターをつけた空飛ぶアシモ!?

 竹コプターを頭につけたアシモがスキーのストックを手に空を飛んでいる――。そんな印象を受ける「HELIBOT」(仮称)は、2.4GHz帯の無線を使ったラジコンヘリコプターだ。機体重量はわずか12gで、手のひらに収まるサイズ。約15分の充電で約5分の飛行が楽しめる。

 ゆっくりと眼下の視界を見て楽しんでいるかのような飛行が室内ででき、上昇、下降、左右旋回ができる。チャンネル数の限られたラジコンや赤外線リモコンと異なり、最大40台の同時操作が可能という。

 HELIBOTは2007年7月発売予定で価格は7329円。

takaratomy04.jpg デモンストレーションでは、手に持った状態から飛行をはじめ、グルッと室内を回った後に、再び手でキャッチして終わった
takaratomy05.jpg 飛行中のHELIBOT。リモコンの電波送信距離は約30メートル

 40×45センチの戦闘機のようなフォルムの「Jump Jet」は4つのプロペラをジャイロセンサーで制御することで、安定して空中に浮遊できるラジコン。赤外線通信によるリモコン操作で、上昇・下降、左右への旋回ができる。非常にゆっくりした動きができるため、室内で手軽に遊べる。約4.5分の充電で約5分の飛行が可能だ。Jump Jetも7月に発売予定で、予定価格は2万6040円。

takaratomy06.jpg 室内で飛ばせるラジコン「Jump Jet」。4つのプロペラで垂直に上昇や下降ができる
takaratomy07.jpg 姿勢の制御はジャイロセンサーを使ってリアルタイムにプロペラの回転数を調整することで行う

机の上に離着陸もできる小型飛行機ラジコンも

 室内操縦用の小型飛行機ラジコン「マイクロソアラ」(仮称)は、2006年7月発売の「エアロソアラ」の後継モデル。エアロソアラは実売で2000〜3000円と安価で、紙飛行機のように室内で楽しめることが受け、発売以来累計50万個を出荷したヒット商品だ。

 マイクロソアラは、前機種のエアロソアラの約3.5gから約2.5gへと軽量化し、上昇力や飛行時間を延長した。約30分の充電で約5分の飛行が可能となっている。また今回、新たに車輪をつけたことで、机の上に置いた状態から、滑走して離陸することができるようになった。同様に、机の上に着陸もできる。

 マイクロソアラは2007年夏に発売予定で、価格は未定。

takaratomy08.jpg 開発中のマイクロソアラ(仮称)とリモコン。リモコンのカバーエリアは5〜6メートルで、操作としては出力調整と左右調整ができる
takaratomy09.jpg 実際に机の上から離陸するマイクロソアラ(仮称)。デモンストレーションでの着陸は、やや失速気味に机に“落ちる”という感じで失敗気味。それなりに操作は難しいようだ

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -