サイボウズ・ラボ 畑社長も

元MS古川享氏が「未踏ソフトウェア」のPM就任

2007/01/26

 ソフトウェア開発を支援する情報処理推進機構(IPA)の「未踏ソフトウェア創造事業」の2007年プロジェクトマネジャー(PM)に、マイクロソフト日本法人の初代社長や会長、米マイクロソフト副社長を務めた古川享氏が就任した。古川氏は「デジタルデバイスの相互接続を実現するシステムソフトウェア」を公募する。

ipa01.jpg 未踏ソフトウェア創造事業のPMに就任した古川享氏。現在は慶應義塾大学 デジタルメディアコンテンツ統合研究機構 特別研究教授

 未踏ソフトウェアのPMに就任したのは11人。うち5人は前年度からの継続。新しく就任したPMは古川氏のほか、サイボウズ・ラボ社長の畑慎也氏、コーエー 執行役員の松原健二氏ら。1月26日から3月2日の期間で開発者からの提案を受け付ける。

 古川氏が公募するのは「デジタルデバイスの相互接続を実現するシステムソフトウェア、それを利用した社会環境を実現するアプリケーションおよびサービスに関するプロジェクト」。PCや携帯電話、デジタルカメラなどを相互接続し、「アプリケーションの分散処理、データの相互交換、複合的なサービスの提供を可能にするために必要なソフトウェア群の提案を期待します」としている。

 採択するプロジェクトは4〜6件程度。審査基準は「既存のアイディアやソフトウェアの批評、改版ではなく新規性を重視する」としている。

 サイボウズ・ラボ社長の畑慎也氏は、起業・事業化を目指したプロジェクトや、技術に注目したプロジェクト、ビジネスモデルに注目したプロジェクトなどを公募するとしている。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -