深夜販売で成功を確信?

「Windows VistaはXPの2倍、95の5倍売れる」、MS社長が強気予想

2007/01/30

 マイクロソフトの代表執行役 社長 ダレン・ヒューストン(Darren Huston)氏はWindows Vistaの発売を受けて1月30日午前に会見し、「Windows Vistaは、XPの2倍、95の5倍は売れると思っている」と語った。達成時期は不明だが、ヒューストン氏が具体的な目標を示すのは初めて。同日午前0時の深夜販売に立ち会い、強い手ごたえを感じたようだ。

 「活力あるPCユーザーが日本にはいないと思っていた人は非常に驚いたのではないか」。ヒューストン氏は午前0時の深夜販売をこう振り返った。東京・秋葉原でカウントダウンイベントに参加した同社 Windows本部 本部長 ジェイ・ジェイミソン(Jay Jamison)氏も「この人生で最も光栄な瞬間に立ち会えた」と大感動。「Windows Vistaは日本で間違いなく成功する」と断言した。

ms01.jpg 日本風に鏡開きでWindows Vista、2007 Office systemの発売を祝った。中央がマイクロソフトの代表執行役 社長 ダレン・ヒューストン氏

 ヒューストン氏は「XPの2倍、95の5倍」という目標について、「世界全体と日本での野心的な目標だ」と説明。「XPや95の時のPCの台数と(いまのPC台数を)比べると納得できる数値だ」と話した。さらにWindows Vistaベータ版のダウンロード本数の20%が、日本のユーザーだったとして、「日本は世界水準と同等、もしくはそれ以上で推移するだろう」と強気の見方を示した。

 ただ、調査会社はWindows Vistaの市場への影響は限定的と見ている。IDC Japanは2007年のPCの家庭市場を5.8%成長と予測。法人市場は1.2%成長と見ている。ガートナー ジャパンも1桁台中盤を予測している。

PC市場が盛り上がる条件は

 ジェイミソン氏はPC市場を盛り上げる条件として「PCの強力なラインアップ」「PCベンダのアップグレードのサポート」「パートナーのイノベーション」を挙げた。加えてマイクロソフトが準備を進めるのはコンテンツの充実。同社は1月30日、コンテンツ提供パートナーとして41社と協力すると発表した。

 コンテンツの総数は45。内訳はWindows Media Centerから利用できるオンラインコンテンツが19、ペン入力に対応するコンテンツが6、WPF(Windows Presentation Foundation)やWindowsサイドバー ガジェットのWebサービスが9、オンラインプリントサービスが3、Windows Media Player 11対応の音楽、映像サービスが3。

 ヒューストン氏は「コンテンツは今後すべてがデジタル化されていく。Windows Vistaと2007 Office systemの発売で、ソフトウェア、ハードウェアの産業がデジタル化の環境に追いつき、劇的なブレークスルーが生まれるだろう」と話した。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -