HDDの空き容量が1GB未満……

「Windows Vista Upgrade Advisor」をダメもとで試してみた

2007/01/31

 Windows Vistaは最上位のUltimateからEnterprise、Home Premium、Business、Home Basicと5つのエディションが用意される(Enterpriseはソフトウェアアシュアランス契約でのみ利用可能)。マイクロソフトは自分のPCでどのエディションが利用できるかが分かるツール「Windows Vista Upgrade Advisor」を無償公開している。記者が使うPCは非力でそのままではWindows Vistaをインストールできないのは明らか(マイクロソフトが公開する必要スペック条件)。ダメもとでUpgrade Advisorを使ってみた。

インストール可能かどうか示す

 Upgrade AdvisorはPCをスキャンし、CPUやHDD、周辺機器をチェック。Windows Vistaをインストール可能かどうかを示す。PCのスペックが足りない場合はハードウェアの追加などの推奨事項もレポートする。Windows XPとWindows Vistaで稼働する。

 記者が使っているノートPCは、インテルのPentium M 1.3GHz、メモリが512MBと非力。特にHDDは15GBの容量で、空き容量は1GB未満だ。とてもWindows Vistaを稼働させることは不可能だと思われる。

 Windows Vista Upgrade Advisorをダウンロードしてインストーラを起動した。真っ先に表示されたのは「.NET Frameworkをインストールしてください」のメッセージ。インストールしようとするが、インストール中に「ディスク容量不足」のポップアップが表示。やはり1GB未満のHDD容量では、どうにもならないようだ。

.NET Frameworkのインストールが必要

 不要なファイルを削除して.NET Frameworkをインストールする。再び、Upgrade Advisorのインストーラを起動。今度はスムーズにインストールできた。Upgrade Advisorを起動すると、手を広げた女性の姿が印象的なトップ画面が表示。「スキャンの開始」をクリックする。スキャン中は各エディションの機能の違いや、エディションの詳細機能を確認できる。

upgrade01.jpg Windows Vista Upgrade Advisorのトップ画面

 後は待つだけ……と思ったのだが、エラーメッセージが出て、スキャンが止まってしまった。エラーは「Webサービスに接続できませんでした」という内容で、「Webサービスがビジーか、またはインターネットから切断されています」という。インターネットには接続しているので、Webサービスがビジーになっていると判断。対策が分からないので、何度もスキャンを実行した。

upgrade02.jpg 表示されたエラーメッセージ

「アップグレードできません」

 何度目かの挑戦でやっとスキャンが成功した。レポート画面はエディション別にWindows Vistaがインストールできるかどうかが示される。記者のPCはすべてのエディションで「システムに問題があるため、Windows Vistaにアップグレードできません」。

upgrade03.jpg スキャンの結果画面。ペケ印が表示された。左のエディション名をクリックするとエディション別にPCの対応状況を見られる

インストール前後の作業が指示される

 ページをスクロールすれば、「システム要件」「デバイス」「プログラム」の項目別に問題点と解決法が分かる。「システム要件」の[詳細を表示]をクリックすると、やはりHDDの空き容量に問題があるようだ。「ハードディスクの空き容量を増やしてください」と勧められる。DVDドライブが付かないノートPCのため、DVDドライブを付けるか、Windows VistaのCD-ROM版を入手することも求められる。また、ビデオカードやメモリについてもWindows Vistaのインストール後にアップグレードすることが推奨された(いずれもBusinessエディションの場合)。

 「デバイス」の項目ではWindows Vistaをインストール後に問題が起きる可能性がある周辺機器が表示される。記者のPCの場合では、「IBM PS/2 TrackPoint」や無線LANカードが「機能しなくなります」とされた。「プログラム」ではインストールしているアプリケーションがWindows Vistaで使えるかどうかが分かる。10程度のアプリケーションに問題があるとされたが、多くは「軽度の互換性の問題が発生する可能性があります」という表示で、アプリケーションのアップグレードが推奨された。開発元ベンダへのリンクも設定されている。

upgrade04.jpg Windows Vistaを導入するために必要な作業が表示される

 「タスクリスト」では、Windows Vistaをインストールする前に行うべき作業とインストール後の作業がまとめて表示される。

 Upgrade Advisorを使うことで自分のPCでどのような作業が必要かが、整理された形でよく分かる。Windows Vistaの最新機能をフルで活用しようとするとかなり高スペックなPCが必要になる。現状のPCをアップグレードしてWindows Vistaをインストールするか、新しいPCを購入するか。Upgrade Advisorはそのガイダンスになるだろう。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -