華やかな新機能よりもセキュリティを重視

OS更新目的は“安定稼働”から“安全稼働”へ

2007/02/01

 ガートナージャパンは2月1日、「OSを更新する目的・意義」についてビジネス・ワーカーを中心とするPC利用者に調査した結果を発表した。その結果、最も多かった回答は「セキュリティを高めるため」で、以下、「個人の生産性を高めるため」(2位)、「新しいテクノロジーに対応するため」(3位)、「企業の生産性、業績を向上させるため」(4位)、「管理者の負担を軽減するため」(5位)と続いた。

 2000年に実施されたWindows 2000のユーザーを対象とした調査では、OSを更新する目的として「OSの安定性」や「ハングアップ、フリーズの解消」が上位の回答を占めた。ガートナーはこの結果から「OSを含むクライアント環境に求められるものは“安定稼働”から“安全稼働”に移行している」としている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -