SQL Server 2005 SP2も登場

「Excelで分析」のその先へ、MSがSQL Server連動ツール

2007/02/07

 マイクロソフトは2月7日、「Excel 2007」で高度なデータマイニングを実現するアドイン「SQL Server 2005 Data Mining Add-ins for Office system 日本語版」の無償提供を2月13日に開始すると発表した。データマイニングの知識がなくてもExcel 2007上でクリックするだけでデータの分析ができるという。

 Data Mining Add-insはSQL Server 2005のデータ分析エンジン「Analysis Services」をExcel 2007から利用可能にする。複雑な準備が必要な通常のデータマイニングと異なり、Excel上で対象のデータを選択し、機能ボタンをクリックするだけでデータマイニングを実行し、結果を得られる。

sql01.jpg 対象データを指摘し、リボンインターフェイスの機能ボタンをクリックする
sql02.jpg データの実績値と予測値が表示される。破線が予測値を示す

 標準では6つの分析機能がある。過去の実績から将来の予測値を出す機能や、類似の属性を持つ行をカスタマイズする機能、データのパターンから外れる例外を特定する機能、データのパターンからデータの欠損値を類推する機能などがある。

 マイクロソフトのサーバープラットフォームビジネス本部 シニアプロダクトマネージャ 斎藤泰行氏は「従来のマイニングは実作業までのハードルが高い。Data Mining Add-insはExcel 2007を使い、複雑な操作をせずに分析できる」と話した。

SQL Server 2005 SP2が登場

 マイクロソフトは同日、「SQL Server 2005 Service Pack 2 日本語版」と「 SQL Server 2005 Compact Edition」の提供を2月13日に開始すると発表した。いずれも無償でダウンロードできる。Service Pack 2はメンテナンス機能を強化し、サーバ運用の自動化を進めた。Compact Editionはモバイルデバイス向けのデータベース。インストールサイズはメモリ上で2MB、ディスクでは5MB。5GBのデータまで蓄積できる。

 マイクロソフトのサーバープラットフォームビジネス本部長の五十嵐光喜氏は、「マイクロソフトはSQL Serverをデータベースからデータプラットフォームに大きく変えていく」と強調。非構造化データの取り扱いや運用の自動化、エンドユーザーの使い勝手を意識した機能などを強化していくと説明した。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -