懲役2年6月

堀江被告の実刑判決と、地裁に現れた謎の“サークル”

2007/03/16

 証券取引法違反などに問われたライブドア前社長の堀江貴文被告に対する判決公判が3月16日あり、東京地裁(小坂敏幸裁判長)は懲役2年6月の実刑判決を言い渡した。検察側の主張をほぼ認める内容で、「極めて悪質な犯行」などと堀江被告を断罪した。

 検察側は公判で、ライブドアが事実上支配していた投資ファンドを使って売上高を水増しし、黒字に粉飾した有価証券報告書を提出したなどと主張。堀江被告が主導したとして懲役4年を求刑していた。対して、堀江被告側は投資ファンドに実体があり、堀江被告は指示していないなどとし、無罪を主張していた。

 16日午前の判決公判には約1700人の傍聴希望者が殺到。また判決後には堀江被告のお面をつけ、裸体のボディスーツを着込んだ謎の団体が東京地裁の第一南門前に出現。リーダーらしき男性は「サークルです」とだけ話した。

horie01.jpg 判決後、東京地裁に現れた謎の“サークル”

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -