独自ドメイン、ライセンスは無料

日大がGoogle Apps導入、学生10万人が利用へ

2007/04/03

 日本大学が米グーグルのSaaS形式のアプリケーションスイート「Google Apps Education Edition」(Google Apps)を導入した。すでに利用を開始していて、当初は7学部約3万人の学生が利用。最終的には全学部10万人がGoogle Appsを使う。ライセンス費用は無料。

google01.jpg Gmailを使った日本大学のWebメールページ

 Google AppsはWebブラウザから利用するアプリケーションで、電子メール、インスタントメッセンジャー、カレンダー、文書作成、スプレッドシート作成などの機能がある。日大は独自ドメインで運用する。

 グーグル日本法人によると日大がGoogle Appsの導入を決めたのは今年1月。既存の学生管理システムやセキュリティシステムとの連携を約2.5カ月で行って、4月にカットオーバーした。既存のクライアントPCを使うため、ハードウェアの新たな投資はない。Google Appsは米国の大学での導入が活発で、アリゾナ州立大学などが採用。国内では日大での10万人の利用が、過去最高という。

 日大はGoogle Appsのスタートページを学生個別のポータルページにすることを予定している。在校生だけでなく、約50万人の卒業生もGoogle Appsを利用できるようにすることも計画中。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -