迷惑メールフィルタの誤適用か

Yahoo!メールで450万件のメール本文消失

2007/04/06

 ヤフーは4月6日、メールサービス「Yahoo!メール」で、約450万件の電子メール本文を消失したと発表した。影響を受けたIDは約27万件。電子メールサーバのプログラム不具合が原因で、一部メールに対して迷惑メール処理のルールが適用されたとみられる。

 本文が削除されたのは2006年12月26日から2007年2月5日に受信した電子メールの一部。Yahoo!メールの迷惑メールフィルタが迷惑メールの送信元としている特定のメールアドレスから送られた電子メールや、ユーザーが迷惑メールの送信元と報告したメールアドレスからの電子メールのうち、一定の条件で迷惑メールフォルダではなく、受信箱に送信された電子メールの一部が影響を受けた。また、2006年12月26日から2007年2月25日に受信したメールの一部は、件名から本文へのリンクが切れてしまった。

 原因は迷惑メール処理ルールの誤適用とみられる。影響を受けたメールは迷惑メールフォルダに入るメールと同様に、受信後36〜37日で一覧画面の件名から本文へのリンクが切れた。さらに受信後39〜40日のメールは本文データが削除された。

 件名から本文へのリンクが切れた電子メールは約515万件。影響を受けたIDは最大で約40万。これらの電子メールは復旧し、現在は本文を見られるようになっている。

 ヤフーには4月5日までに19件の問い合わせがあった。ヤフーは「お客様に大変なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申しあげます」としている。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -