日本はドイツ、米国に次ぐ3番目

アクセスポイントを無償配布、FONが設置1万カ所記念で

2007/04/11

 フォン・ジャパンは4月11日、無線LANコミュニティ「FON」のアクセスポイントの設置が国内1万カ所を超えたことを記念し、1日限定でアクセスポイントを無償配布すると発表した。フォン・ジャパンは2007年末までにアクセスポイントを国内7万5000カ所に設置することを目標にしている。

 FONは2006年12月に国内でサービスを開始。アクセスポイント「La Fonera」の販売を同時に開始したが、提携したインターネットサービスプロバイダを通じた無償配布も多かった。アクセスポイントは2007年3月30日に1万カ所を超え、4月8日現在で1万691カ所。アクセスポイントの設置場所は「FON Maps」で確認できる。

 国内アクセスポイントの設置は東京が最多で、大阪、愛知が続く。日本のアクセスポイント数はドイツ、米国に次ぐ3番目。

 アクセスポイントの1万カ所設置を記念し、フォン・ジャパンは4月14日の1日限定で、アクセスポイントを「フォンショップ」で無償提供する。送料600円、代引手数料300円は別に必要。また、九十九電機9店舗では通常1980円のアクセスポイントを4月14日だけ、500円で販売する。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -