棒グラフや円グラフなど18種類をサポート

Google Spreadsheetsにグラフ作成機能が追加

2007/04/19

 米グーグルは現地時間の4月18日、オンラインの表計算アプリケーション「Google Spreadsheets」にグラフ描画機能を加えたことを公式ブログで明らかにした。作成できるのは、縦横の棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフ、分布図の4種類。それぞれで2〜5種類のスタイルを選べ、計18種類のグラフが作成できる。

 メッセージ類は日本語化されているが、グラフのタイトルやラベルには現時点で日本語が使えない模様。

google01.png グラフの作成はセルを範囲選択してグラフ作成アイコンをクリックする(クリックして拡大)

 グラフ作成機能のほかにも、いくつか機能が追加されている。

 セルに対してコメントを付けられるようになったほか、範囲指定したセルに対して名前が付けられるようになった。「名前付き領域」(Named ranges)と呼ばれるこの機能を使うと、例えば「=sum(c12:e17)」の代わりに、“c12:e17”の範囲に“expenses”(出費)と名前を付けることで「=sum(expenses)」と式を分かりやすく書くことができる。

 このほか、シートの追加コピー機能や、右クリックでセル内のテキストをWeb検索する機能などが追加された。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -