定額制音楽配信サービスにも全機種が対応

1台の端末を2台分として使えるドコモの新904i

2007/04/23

904i01.jpg “DoCoMo 2.0”という新コピーで「反撃に出る」と話すNTTドコモ 執行役員 プロダクト&サービス本部 マルチメディアサービス部長 夏野 剛氏

 NTTドコモは4月23日、フラッグシップの携帯電話端末、9シリーズの最新機種5機種を発表した。5〜6月発売予定。1台の端末で2契約分の電話番号、メールアドレス、アドレス帳を使い分けて利用できる「2in1」(ツーインワン)に全機種が対応するほか、定額制音楽配信サービス対応、傾きセンサーや動きセンサーを使った体感ゲームにも対応する。903iシリーズから「盛りだくさんの機能で進化したので、これまでのように903iSというように、型番の最後に“セカンド”を意味する文字を付けたシリーズ名ではなく、904iとした」(NTTドコモ iモード事業本部 iモード企画部長 夏野 剛氏)。

904i02.jpg 発表された904iシリーズの5機種。5機種中、F904iの1台のみでワンセグ対応、N904iの1台のみでHSDPA対応など全体に機能の詰め込み方が控えめ。そのぶん903iよりも薄型化が進んでいる

 904iシリーズ全機種で対応する新サービス「2in1」は、1台の端末で2つの契約をし、電話番号、メールアドレス、電話帳、リダイヤル情報、待ち受け画面などを「モード」で使い分けるサービス。追加契約料は945円(税込み)。仕事とプライベートでの番号の使い分けや、携帯電話の番号が宅配便のラベルなどに印字されるのを嫌う若い女性を想定し、予備的な番号を提供するサービス。サービス開始時点では同一名義人による契約のみ対応だが、今後は別名義人による契約にも対応を検討していくとしている。

904i03.jpg 新たに1端末で2契約分の番号やメールアドレスが使える新サービス「2in1」に対応(クリックで拡大)

 定額制音楽配信サービスの「うた・ホーダイ」にも904iシリーズの全機種が対応する。うた・ホーダイに楽曲を提供予定であるのはナップスタージャパンの「ナップスター♪♪♪ No.1」、MLJ/エスクルーの「FRAMIXフル取り放題」(仮)など15社。提供楽曲数によりサービス料金は異なり、例えばJ-POPのカバー楽曲をオリジナルアレンジで320曲配信する「うた&メロ取り放題フル」が月額315円、約30万曲を提供しPCと携帯電話の両方で同時にサービスが利用できる「ナップスター♪♪♪No.1」の場合、月額1980円など。

 P904i、SH904i、D904iの3機種で、新たに携帯電話を「傾ける」、「振る」、「手をかざす」、「体を動かす」といった動作で操作ができるゲームシリーズ「直感ゲーム」に対応。傾きセンサーや、内蔵カメラによる撮像イメージの動きからユーザーの手や体の動きを読み取る。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -