RSA Conference Japan 2007開幕

新セキュリティ対策は「城の中にいる王を守る」

2007/04/25

 「RSA Conference Japan 2007」が4月25日に開幕した。総セッション数が80を超える大規模な情報セキュリティカンファレンスで、日本での開催は6回目となる。カンファレンスは26日まで。

rsa01.jpg ルネッサンス調のコスプレで登場したRSA Conference Japan 2007実行委員長の安延申氏

 2007年のテーマは「リスクコントロールと情報セキュリティ」。RSA Conferenceでは歴史に見る情報セキュリティの事例を基にビジュアルテーマが決められ、今回は15世紀のルネッサンス時代に多表式暗号を考案したレオン・バティスタ・アルベルティのイメージで統一されている。

 実行委員長はその回のビジュアルテーマに合わせた衣装で登場するのが恒例で、RSA Conference Japan 2007実行委員長の安延申氏はルネッサンス風のコスプレで登場した。安延氏は昨今の大規模な情報漏えい事件が社会に与えた影響から、リスクコントロールの重要性をアピールし、開会を宣言した。

rsa02.jpg 米RSA コンシューマ・ソリューション事業部 バイスプレジデント クリス・ヤング氏

 初日の基調講演では、米RSA コンシューマ・ソリューション事業部 バイスプレジデント クリス・ヤング氏が「時代遅れの情報セキュリティの終焉」と題し講演した。

 ヤング氏は、従来のセキュリティアプローチを「城を守るために堀を作った」と表現し、ファイアウォールやIDSなどを用いて、情報の周りに強固な壁を作って守る手法であると指摘した。しかしこれだけでは情報漏えい対策には不十分で、情報そのものを管理し保護することも必要である。そのため認証やアクセス管理、暗号化などの手法を用い、「城の中にいる王を守る」ことも重要であると語った。

 ヤング氏はこのアプローチを「情報中心型モデル」と表現し、実現するうえでのポイントとして「セキュリティに『完ぺき』はないとを認識すること」「新たな攻撃手法に適応できること」「複数の手法で多重に防御を行うこと」の3点を挙げた。

(@IT 宮田健)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -