インドは100点、日本は13点

IT投資マインド調査で日本が最下位、ガートナー

2007/05/17

 ガートナー ジャパンは5月17日、世界21カ国の企業のIT投資に関して調査・分析し、7つの共通指標による「国別IT投資マインド・ランキング」を発表した。総合ランキング1位は、7つの指標中3つでトップを獲得したインド。2位のシンガポール以下、上位は経済発展の著しいオーストラリアや中国といったアジア・パシフィック勢が占め、IT投資に対して積極的な姿勢を示していることが分かったという。一方、ITインフラ整備が進んでいる先進国はおおむね下位になり、特に日本は7つの指標中4つで最下位、総合でも最下位となった。レポートは「新興国群がITを積極的に駆使して先進国群を猛烈な勢いで追いかける図式を見ることができる」としている。

itinvest01.png ランキング表

 7つの指標は「2007年度のIT投資増加率」、「IT予算の対年商比率」、「CIOを設置している比率」、「経営陣がITの重要性を十分理解している比率」、「攻めのIT投資」(競争優位の獲得を目的としたIT投資)、「守りのIT投資」(業務プロセスの改善を目的としたIT投資)、「新規技術への投資の積極性」。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -