QWERTYキー搭載のまま小型化

新W-ZERO3[es]が3型ワイドVGA搭載で7月中旬登場

2007/06/07

 ウィルコムは6月7日、W-ZERO3[es]の後継機種となるスマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」を7月中旬に発売すると発表した。3インチワイドVGA液晶(800×480ドット)を搭載しながらひと回り小さなサイズに進化した。新たにジョグ機能搭載のカーソルキーを備えた。新規契約時の価格は2万9800円。6月29日から予約を受け付ける。

wilcom01.jpg キーボードを開いた状態
wilcom02.jpg キーボードを閉じた状態
wilcom03.jpg 前モデルのW-ZERO3[es](左)と比較するとひと回り小さくなっている。特に幅について、手に持ったときの違いは大きく感じられる

Advanced/W-ZERO3[es]の新機能デモンストレーション映像

wilcom04.jpg 「ウィルコムは、スマートフォン市場を創生した」と語るウィルコム 代表取締役社長 喜久川政樹氏

 従来の2.8インチVGA液晶(640×480ドット)より大きな3インチ液晶ディスプレイを搭載しながら、幅50ミリ、厚さ17.9ミリと、前モデルの幅56ミリ、厚さ21ミリに比べて小型化した。「日本人が携帯電話として使いやすいサイズは幅50ミリ以下といわれている。このサイズを下回るのが課題だった」(ウィルコム 代表取締役社長 喜久川政樹氏)といい、これまで男性ユーザーの多かった同社の端末を、女性も含めた幅広いユーザー層に訴求したい考えだ。

 新たな操作デバイスとして、ジョグ機能を内蔵したカーソルキー「Xcrawl」(エクスクロール)を搭載。Webページのスクロールやリスト表示のフォーカス移動を指1本で手軽に行えるようにした。

 通信機能として、PHS高度化通信規格W-OAMに対応し、携帯端末またはPCを用いて最大204kbpsの定額通信サービスが受けられる。無線LANのIEEE802.11b/gにも対応した。赤外線通信搭載でアドレスの交換ができるほか、IrSimple対応のプリンタであれば直接写真を出力できる。

 小型化したことで一般消費者への拡販を狙う一方、ビジネス用途での利用も促したい考えだ。Windows Mobile 6を搭載し、Office 2007文書に標準で対応する。セキュリティ面では、メモリーカードの暗号化やポリシーによる端末管理機能が向上した。端末遺失時には、ユーザー企業のIT管理者がリモート操作で端末やカード内の情報を消去できる。記者会見で挨拶したマイクロソフト 代表執行役社長 ダレン・ヒューストン氏は、「日本では家庭でのIT利用が進んでいるが、ビジネスでのIT利用は欧米の3〜5年遅れている。今回のAdvanced/W-ZERO[es]は、そのギャップを埋めるものになる」と話す。

 このほかインストールされているソフトウェアとして、名刺リーダー、手書きメール、NAVITIME、Opera8.7、英和・和英・国語・英文ビジネスレターを収めた電子辞書などがある。また、オプションとしてUSB接続する小型のワンセグ放送受信モジュール(予価約1万円)も合わせて発売する。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -