自社製品と組み合わせも

日立システム、LANDeskの国内販売を開始

2007/06/08

 日立システムアンドサービスは6月8日、LANDesk Softwareと販売代理店契約を締結し、「LANDesk Management Solutions」(以下、LANDesk)の日本国内での提供を6月25日から開始すると発表した。100ユーザーライセンスで93万5000円。LANDesk Management Solutionsはソフトウェアの自動配布やライセンス管理、PCの脆弱性監視までIT資産を統合的に管理するソフトウェア。今後3年間で5億円の販売を目標とする。

 日立システムは、LANDesk Management Solutionsの取り扱いを開始すると同時に、同社が提供する製品との組み合わせにより、企業内部からの情報漏えいを防止する「オフィスセキュリティソリューション」の強化を図る。具体的には、「オープン・ネットガード」や「Juniper NetScreenシリーズ」と組み合わせ、ソフトウェアの更新状況が最新でないPCがネットワークに接続された場合、ネットワークから遮断するなど、オフィスのセキュリティ環境を強化できるという。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -