ジョナサン・シュワルツ氏が明らかに

次期Mac OS XのファイルシステムはサンのZFSがデフォルト?

2007/06/08

 米サン・マイクロシステムズの社長兼CEO、ジョナサン・シュワルツ氏は、同社のZFSファイルシステムがアップルの次期Mac OS X「Leopard」のファイルシステムになると企業イベントで明らかにした。

 同氏によると、アップルはこれを6月11〜15日にサンフランシスコで開催予定のWorldwide Developers Conference(WWDC)で発表する。

 Daring Fireballのジョン・グラバー氏など一部のMac観測筋は、シュワルツ氏は、ZFSがLeopardのファイルシステムオプションになると言おうとして、言い間違ったのだと示唆している。

 オンラインでは数カ月前から、ZFSでディスクをフォーマットするオプションが表示されたLeopardベータ版のスクリーンショットが出回っている。

 しかし、サンのSolarisマーケティング担当副社長マーク・ハミルトン氏は自身のブログに、「ジョナサン(シュワルツ氏)は、OpenSolarisのZFSがアップルの新しいデフォルトファイルシステムになることを、アップルが今週発表すると言った」と記している。

 ZFSにはメリットが多数ある。ディスクの潜在的なエラーを防止し、修正する「ディスクスクラビング」、より高効率なI/Oエンジン、圧縮されたファイルシステムを読み込み/書き出しする機能、バックアップとリストアを迅速に容易にできる無制限の「スナップショット」と「クローン」などだ。

 しかし、新しいファイルシステムの実装は難しい。現在のMac OS Xの標準ファイルシステムはJournaled HFS+だ。これはAppleが1985年にリリースしたHierarchical File System(HFS)に起源を持つ。

 現在、ほかのファイルシステムでフォーマットされたデータのZFSへの移行パスはない。アップルは既存のMac OS XからLeopardにアップグレードするユーザーのために、シンプルで信頼性のある変換ツールを用意しなければならない。

 とはいえAppleはこれまでも選択肢を提供してきた。

 既存Mac OS XはUNIXファイルシステム(UFS)フォーマットでのディスクフォーマットをサポートしている。だがアップルの文書には、このディスクをスタートアップボリュームとして使うことは「可能」だが、推奨しないと記されている。

 Appleにコメントを求めたが、6月6日の時点では回答はなかった。

原文へのリンク

(eWEEK Daniel Drew Turner)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -