会員制プログラム「Amazonプライム」

年会費3900円で配送料無料、「お急ぎ便」使い放題、アマゾン

2007/06/08

 アマゾン ジャパンは6月8日、会員制プログラム「Amazonプライム」をAmazon.co.jpで開始すると発表した。年会費3900円(税込み)で配送料が無料になり、エクスプレス配送サービス「お急ぎ便」が無制限に使えるようになる。これにより、関東地域では早くて当日、それ以外の地域では早くて翌日の配送が可能になる。また、1つのアカウントで家族2人までを家族会員として登録できる。

アマゾン写真 米アマゾン 創業者兼CEO ジェフ・ベゾス氏

 米国では2005年2月に「AmazonPrime」として年会費79ドルで開始した。有料制の会員サービスとはいえ、同社にとっては配送料の自己負担額が拡大し、「短期的にみればコスト増の要因となる」(米アマゾン 創業者兼CEO ジェフ・ベゾス氏)。同社のこれまでの無料配送における負担額はおよそ6億ドル(ベゾス氏)だ。だが、アクティブ・ユーザー1人あたりの買い物額の増加を促進させることで投資回収を狙うとみられる。

 アマゾン全体の過去12カ月の売り上げは約110億ドル(前年比30%増)。7カ国でサービスを提供しながら、220カ国に商品を「輸出」している。当面、新しい国でサービスを開始する予定はなく、「すでにサービスを開始している地域でユーザーの希望に合った事業を開発、展開していきたい」(ベゾス氏)という。

関連リンク

(@IT 谷古宇浩司)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -