WinHEC 2007開催

Windows Server 2008と4つの仮想化技術

2007/06/18

 マイクロソフトの次期サーバOS「Windows Server 2008」は、2007年第4四半期の本格リリースに向け、最終調整の段階に入った。同社はすでに、2007年4月にすべての機能を搭載したベータ3を公開して機能評価の準備を開始しており、2007年第3四半期には最後の公開ベータを提供する予定である。6月18日に同社は、セキュリティと仮想化という2つの大きな特徴に焦点を絞って新サーバOSの技術解説を行った。

多層防御とネットワークアクセス保護(NAP)

マイクロソフト写真 マイクロソフト 業務執行役員 Windows本部 本部長 ジェイ・ジェイミソン氏

 次世代サーバOSの機能として、マイクロソフトが特に気を配るのがセキュリティ面である。同社は「多層防御」というコンセプトの元、セキュリティ対策が必要とされる分野においてサーバOSがサポートできるさまざまな機能を搭載する。そのうち、ネットワークに接続するコンピュータの正当性をチェックし、その状態が確認されるまで当該コンピュータを隔離しておくアーキテクチャ「ネットワークアクセス保護」(NAP)は、サーバOSに搭載される機能としてユニークなものだ。この仕組みを利用することで、ネットワークの管理者は、(ネットワークの)必要に応じて、「DHCP検疫」「VPN検疫」のいずれかまたは両方を構成することができる。Active Directoryと組み合わせることでセキュリティ環境の集中管理が可能になる。

仮想化は4種類

 Windows Server 2008には4つの分野に分かれた仮想化機能が組み込まれる。サーバの仮想化、アプリケーションの仮想化、デスクトップの仮想化、プレゼンテーションの仮想化の4つである。

 このうち、Windows Server 2008 ターミナルサービス リモートプログラムによるプレゼンテーションレイヤの仮想化機能は、サーバサイドでアプリケーションを動かしながら、クライアントサイドには画面表示(プレゼンテーションレイヤ)データだけを転送するもの。プレゼンテーションレイヤのみのデータ転送なのでクライアント側での動作は軽快である。SoftGridによるアプリケーション実行環境の仮想化と違うのは、前者がネットワーク接続を前提としていること、後者が主に違うバージョンのアプリケーションを単一のクライアントで動作させることなど、主に利用環境の違いによる。

(@IT 谷古宇浩司)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -