正式版リリース時には有償サポートも提供

サイオス、OSSのプロジェクト管理ソフト公開

2007/07/04

 サイオステクノロジーは7月4日、自社開発のプロジェクト管理のWebアプリケーション「ProjectKeeper ベータ版」をオープンソースとして公開した。Apacheライセンスを採用する。ユーザーはダウンロードし、自由にカスタマイズやソースコードの改変が行える。ベータ版公開で得られた情報をもとに、8月中には正式版のバージョン1.0をリリースする。正式版も無償で、加えて年間契約60万円(50ユーザーまで)の有償サポートを提供する。

sios02.jpg 頻繁にチェックしたい情報や、良く使う機能を1つの画面に表示させる「ダッシュボード」機能
sios01.jpg ガントチャート機能。Webブラウザ上で、マウスのドラッグ操作によって編集できる
sios03.jpg サイオステクノロジー 販売促進部 グループマネージャー 宮崎哲明氏

 ProjectKeeperには、工程、スケジュール、要因、進捗の管理や帳票出力など、プロジェクト管理に必要な機能が含まれる。「これまでプロジェクト管理の市場では、クライアント版のソフトウェアが多く利用されていた。非常に高額であったり、Webブラウザとサーバを組み合わせた集中管理が難しいなどの問題があった。一方、統計の数字には表れないが、Excelを使って工程管理をしているユーザーも多い。市場は高級品と低廉な代替品で二分化されている。ProjectKeeperは、この間を埋める製品」(販売促進部 グループマネージャー 宮崎哲明氏)。

 動作対象OSは、Windows Server 2003、Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux Enterprise Server。また、ベータ版についてはアプリケーションサーバにIBMの「WebSphere Application Server Community Edition」と、DBMS「DB2 Express-C」のインストールが必要(いずれも無償)。正式版では、Apache Tomcat、JBoss、PostgreSQL、MySQLなど、ほかのOSSミドルウェアにも対応する。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -