2.5インチ、最大容量200GB

富士通、24時間戦えるハードディスク発表

2007/07/24

 富士通は7月24日、24時間連続稼働に対応した最大容量200GBの2.5インチ・ハードディスクドライブ(HDD)「MHY2 BS」シリーズを開発し、8月末に発売すると発表した。高い頻度でデータの読み書きを行う厳しい条件での利用を想定したHDDで、富士通はATMシステムやPOSシステム、医療機器などの産業機械製品、ストレージシステムなどでの利用を期待している。

 MHY2 BSはシリアルATAインターフェイスに対応し、毎分5400回転の性能を持つ。同一筐体に複数のHDDを搭載した場合に発生する回転振動によるパフォーマンス低下を最小限に抑える機能を搭載する。富士通は24時間連続稼働に対応したHDDとしてほかに毎分7200回転の「MHW2 BK」シリーズと、厳しい温度環境に対応する「MHW2 AC」シリーズがある。

fujitsu01.jpg 富士通が発表した「MHY2 BS」シリーズ

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -