企業導入が好調

「Windows VistaはXPの10倍ペースで売れる」とマイクロソフト

2007/07/31

 マイクロソフトは7月31日、Windows Vista Enterpriseの企業への導入を促進するキャンペーン「Windows Vista Enterprise Ready キャンペーン」を開始すると発表した。昨年11月に企業向けに発売されたWindows Vistaは当初は苦戦が伝えられたが、マイクロソフトの執行役常務 ビジネス&マーケティング担当 佐分利ユージン氏は「企業への導入はかなりのペースで進んでいる」と強調している。

 キャンペーンは国内のPCメーカー8社がWindows Vista Enterpriseの動作確認したPCを用意する内容が中心。顧客企業はこの「Windows Vista Enterprise Ready PC」を購入し、ボリュームライセンスプログラム契約の「ソフトウェアアシュアランス」でアップグレードすることで、Windows Vista Enterpriseを使えるようになる。PCメーカーがWindows Vista Enterpriseの動作を確認するため、顧客企業が安心して使えるようになり、結果としてソフトウェアアシュアランスの拡販につながる、とマイクロソフトは見ている。PCにWindows Vista Enterpriseをプリインストールして販売することも予定されている。

vista01.jpg マイクロソフトの執行役常務 ビジネス&マーケティング担当 佐分利ユージン氏(左)と同社 Windows本部 プロダクトマネジメント部 部長の中川哲氏

 佐分利氏によると、Windows Vistaの企業への導入は「非常に好調だ」。2006年7月から2007年6月末までのWindowsのライセンス販売数は、前年同月比で29%アップ。ただ、2006年11月まではWindows Vistaが販売されておらず、増加分にはWindows XPのライセンスが含まれる。マイクロソフトは2007年7月から2008年6月まで、企業向けで20万台のWindows Vista PCの導入を見込んでいる。佐分利氏によるとこの見込みは「Windows XPの同時期の10倍のペース」という。2008年6月までの企業向けのWindows Vistaのライセンス販売を、前年同月比で33%増にすることを目指す。

 マイクロソフトはWindows Vista投入前から、企業導入を促進するようなキャンペーンを相次ぎ発表している。Windows Vistaへの移行を容易にするツールをセットにした「Microsoft Desktop Optimization Pack」の提供もその1つだ。さまざまなキャンペーンやツールの提供で企業の需要を喚起し、導入の障害を取り除くことを狙う。佐分利氏は「日本のビジネスニーズとWindows Vista Enterpriseの機能はよくかみ合っている」と話し、「企業は一刻も早くWindows Vistaを導入してほしい」と訴えた。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -