コードなにがし

Google先生は不要?――ソースコード共有サイト「code*」開設

2007/08/01

 テックスタイルグループのオープンタイプは8月1日、ソースコードやプログラミング情報をユーザー間で共有できるWebサイト「code*」(コードなにがし)を8月2日に開設すると発表した。オープンソースコミュニティなどに利用を呼びかけたり、テックスタイルグループが持つ技術情報1万件を投稿し、Webサイトを育てる。

 テックスタイルグループ代表の吉田斉氏は、ソースコードや技術情報の技術者間の共有がないため、「ネットのサービスはほとんどが1からの手作りになっている」と指摘。「Google先生に聞く、またはメーリングリストで質問して『ググれ』と怒られる」状況になっていると説明した。情報共有がないため、開発に時間やコストが多大にかかり、独自性を生み出すその先の開発にリソースを割けない状況になっているという。

code01.jpg code*

 code*が目指すのは「ソースコードのWikipedia」。コンテンツは技術についてQ&Aサイト形式で相談できる「教えて・助けて・コード書いてっ♪」と、自らの知識を投稿する「ソースコード・ノウハウッ!」の2つ。投稿情報にはそれぞれタグを設定でき、コメントや評価も付けられる。登録されたソースコードに対して返答する「俺ならこう書く」のコマンドもある。

 テックスタイルグループは「文書版YouTube」「群集の英知活用サービス」「ソフトウェア技術開発支援ファンド設立」など、オープンをキーワードに複数のサービス、事業を展開するとしている。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...