サーバ保守・カスタマイズまで含めて提供

ゼンド、PHPベースの企業向けCMSを提供開始

2007/08/06

zend01.png eZ Publishを使用した例

 ゼンド・ジャパンは8月6日、PHPで書かれたオープンソースのCMS「eZ Publish」の日本語版の提供を開始した。eZ publishはノルウェイのeZ Systems社が開発したエンタープライズ向けのCMSで、Webサイトのコンテンツの作成、編集などが行える。主な特徴は、Microsoft WordやOpenOfficeを用いたオフライン編集とコンテンツ公開機能、コンテンツのバージョン管理機能、WebDAVを用いたドラッグ&ドロップによるファイル管理機能、コンテンツ翻訳管理機能、各操作に対する権限機能を含むワークフロー機能など。

 無償のオープンソース版(GPLライセンス)と、サポート・カスタマイズのグレードによって価格の異なる5つの商用版を提供する。商用版では、サーバのホスティング環境を含めたサポートを提供する。ホスティング環境は、IDC事業を手掛けるクララオンラインとの協業で実現した。

 基本的なCSSおよびデザインにカスタマイズ、サポートなしの「スターター」は17万8000円、一部の拡張機能まで扱えて5日以内のサポート対応を保証する「ベーシック」は32万8000円、テンプレートや拡張機能までカスタマイズ可能で5日以内のサポート対応を保証するシルバーは52万4500円など。より大規模なWebサイト向けには個別見積もりで「ゴールド」と「プラチナ」も用意する。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -