網屋とメトロジーが業務提携

新興市場上場企業に焦点、J-SOX対応の総合サービス

2007/09/21

 網屋とメトロジーは9月21日、共同で記者会見を行い、企業の内部統制業務を支援するサービスを提供することで業務提携を結んだと発表した。メトロジーが開発した内部統制運用管理ツール「MAXIM」に、各種のコンサルティングサービスを追加し、パッケージ化した「MAXIM-Suite」を網屋が国内での総販売窓口として提供する。主なターゲットはマザーズやジャダックなど新興市場に上場する中堅・中小規模の企業。

網屋写真 網屋 代表取締役 伊藤整一氏

 診断から運用まで、内部統制業務に関わる支援サービスをすべて提供できるのが特徴である。サービスメニューはいくつかの作業レベルで分割している。

 診断サービスは無料。

 導入段階では、メトロジーが用意したテンプレートを活用しながら、会計士が6回の訪問(1回の所要時間はおよそ半日)で430万円。

 整備・運用・改善段階で会計士15回、ITコンサルタント10回の訪問メニューが付いて1200万円。加えて、IT統制に関して詳細なシステム・コンサルティングメニューがあり、ITコンサルタントの10回の訪問で430万円。

 そのほか、追加オプションとして、文書化支援サービスやテストサービスなどを月額30万円で用意している。ツール導入と使用料は別途費用が発生する。3000万円からの別途見積もりでフルコンサルティング・サービスにも対応する。

 両社は多くの企業でいわゆる日本版SOX法への対応が遅れがちだと説明する。その根拠として、内部統制に対する理解度の低さ、人員・予算の少なさ、職務と権限の分離の困難さなど主に、中堅・中小企業を取り巻く現実的な課題を挙げる。そのため、料金体系を明確化し、企業の内部統制で求められる「全社的な内部統制」「業務処理統制」「IT統制」といった3つの重要分野をカバーしながら、運用・改善レベルまで丁寧にサポートすることで、競合他社のサービスとの差別化を図りたい考えを示した。

 網屋 代表取締役 伊藤整一氏は当面30社の受注を目指すとした。

関連リンク

(@IT 谷古宇浩司)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

匿名加工情報とは何か、内容まで知っている人はたった3%台――データサイエンティスト協会調査
一定のルールの下であれば本人の同意がなくても利用できる匿名加工情報ですが、現状では...

Googleによる買収で話題の「Looker」は他のBIとどこが違うのか
変化するニーズを捉えたユニークなBI製品を提供して注目を集めるLooker。その特徴をまと...

リテールテックのTraxが日本市場に本格参入 画像認識で店舗の棚を見える化
店舗の商品棚の前で撮影した写真を機械学習で画像認識し、在庫状況や商品棚上のシェア、 ...