全世界で15万人、日本は8万人

Linux認定試験受験者、半分以上が日本人

2007/09/27

 NPO法人、LPI-Japanは9月27日、Linux技術者認定試験(LPIC)の受験者総数が全世界で延べ15万人を達成したと発表した。日本国内の受験者総数は延べ8万人。日本の受験者数は世界全体の半数を占めており、国別では最大。

 試験開始から5年が経過した2005年1月に受験者数7万5000人を達成し、その後、約半分の期間で15万人へと倍増した。国内では2000年10月の日本語試験開始以来、7年弱で延べ8万人が受験したことになる。また国内の受験者数は、この数年は年間約2万人のペースで増えているという。

 LPIは、Linuxの専門知識のレベルを認定するベンダに中立な試験で、130カ国で実施している。レベルに応じて3段階の試験がある。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -