99.999%の可用性実現

ブラジルのGoogleは年間3分しかダウンしない、日本は15分

2007/09/28

 Webサイト調査会社のPingdom(スウェーデン)は9月26日、各国のGoogleサイトのダウンタイムを調査した結果を発表した。最もダウンタイムが短いのはブラジルのGoogleで、年間3分しかダウンしない。日本は15分で国別では5番目にダウンタイムが短い。

 ブラジルのGoogleサイトの可用性は99.999%。日本は99.997%となる。ブラジルに続くのはオランダ、インド、タイで、5番目が日本。米国は26番目と低迷している。年間ダウンタイムは31分。各国にある32のGoogleサイトの平均ダウンタイムは年間23分となっている。

 Pingdomが「興味深い」としているのは、各国のインフラとGoogleのダウンタイムに相関関係がないこと。比較的ネットインフラが脆弱とされるブラジルやインド、タイが上位にいるのに対して、インフラが整備されているスウェーデンは48分のダウンタイムで、32のGoogleサイトの中で最下位となっている。

 Pingdomは「それでも可用性で99.99%を下回るGoogleサイトが1つもないことは驚くべきことだ」としている。

pingdom01.jpg Pingdomの調査結果(同サイトから)

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -