2008年6月30日まで

XPの販売期間を5カ月延長

2007/09/28

 米マイクロソフトは現地時間の9月27日、Windows XPの販売期間を5カ月延長すると発表した。正規版、OEM版ともに2008年6月30日まで販売する。ハードウェア性能に制限がある新興国市場向けには、廉価版のWindows XP Starter Editionを2010年6月30日まで販売する。OEMパートナーや顧客からのリクエストに応える形で決定した。

 Windows製品は発売後4年間提供するというポリシーがあるが、「Windows Vistaを導入した顧客からはよい評価を得ていることに満足しているが、その一方でWindows Vistaに移行するのに、もう少し時間が必要な顧客もいる」(マイクロソフト Windows製品担当バイスプレジデント マイク・ナッシュ氏)という。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -