コンテキストに応じてキートップ表示を切り替え

NTTドコモ、電子ペーパーキーパッド採用ケータイを展示

2007/10/02

 NTTドコモは10月2日に千葉県・幕張で開幕したIT総合展「CEATEC Japan」で、携帯電話のキーパッド部分に電子ペーパーを採用した試作機を展示している。電話をかけるときには番号表示、メールを打つときにはかな表示など、コンテキストによってキートップを変えられるため狭い面積のキートップに各種文字を刻印する必要がなく、視認性や分かりやすさに優れる。

 例えば地図ソフトの「拡大」「縮小」など、アプリケーションの種類によって機能が切り替わるファンクションキーで、機能の内容そのものをボタン表示に利用できる。「暗証番号入力時に数字をランダムに表示して、盗み見を防止するなど自由度は高い」(開発担当者)。台湾製の電子ペーパーをスイッチの上にかぶせ、その上にアクリルのボタンを重ねた。製品化については未定。

docomo01.jpg 数字、ひらがな、カタカナなど、コンテキストに応じてキートップが変化する携帯電話の試作機
docomo03.jpg アクリル製のボタンなしの電子ペーパーむき出しの試作機
NTTドコモの試作機デモンストレーション

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -