自分のXPの環境をUSBドライブに入れて持ち運ぶ

ポータブル仮想デスクトップ環境「MojoPac」が無償版を公開

2007/10/04

 米リング・キューブは現地時間の10月2日、仮想デスクトップ環境「MojoPac」に新たに無償版の「MojoPac Freedom」を追加し、ダウンロードによる提供を開始したと発表した。MojoPacはUSB 2.0のマスストレージクラスに対応するデバイスに、仮想的にデスクトップ環境をコピーして持ち歩けるソフトウェア。

 USBドライブや外付けHDDをはじめ、iPodやデジタルカメラに、ふだん自分が使うアプリケーションやデータを入れて持ち歩くことができる。使いたいPC(仮想デスクトップ環境をホストするPC)に、MojoPacをインストールしたUSBデバイスを接続すると、ログイン画面が起動。ユーザー名とパスワードを入れることで、MojoPacのデスクトップ画面が現れる。OSやハードウェアの機能自体はホストPCのものを利用するが、ホストPCのデスクトップ環境と、MojoPacによる仮想デスクトップ環境は切り離されており、ホストPCからUSBデバイスを抜いたときには、Webブラウザの履歴やアプリケーションのデータは残らないという。

mojopac01.jpg MojoPac上で動く仮想デスクトップ環境。上部のタスクバーのようなボタンで、ホストPC側のアプリケーションとMojoPac上のアプリケーションを切り替えることができる

ホストPCの対応OSはWindows XPのみ

 対応するOSは、32ビット版のWindows XP Home/Pro/Media Center Edition/Tablet PC。MojoPacはユーザーの言語プロファイルも併せてUSBデバイスにインストールするため、ホストPCのWindows XPがどの言語対応のものでも、ユーザーの言語に合わせたデスクトップ環境が持ち運べるという。操作性やパフォーマンスはネイティブのOSと同等といい、ゲームやマルチメディア関係のソフトウェアも利用できる。iTunesをiPod上のMojoPacにインストールすれば、旅先のネットカフェで音楽をダウンロード購入するといった利用もできるという。

mojopac02.png iPodにインストールしたMojoPac上にiTunesを入れれば、他人のPCを借りて楽曲のダウンロード購入ができるという

 リング・キューブは米国カリフォルニア州に2004年に創業したベンチャー企業。今回提供を開始した無償版のほか、商用利用やサポートまで含めた「MojoPac Deluxe」(49.5ドル)や、企業向けソリューション「MojoPac Enterprise Suite」を販売する。MojoPac Enterprise Suiteは、VPN、ホストPCのセキュリティスキャン、イメージファイルを作成して複数台にインストールする機能、IDのライフサイクル管理などに対応する。

 USBドライブにデスクトップ環境をインストールするソフトウェアとしては、米シードー・テクノロジーズの「Ceedo Personal」や、米サンディスクらが始めた合同会社「U3 LLC」による「U3」がある。CeedoやU3ではアプリケーション側を変更して、それぞれの仮想デスクトップ環境にカスタマイズする必要があった。詳細な技術情報は開示されていないが、MojoPacでは仮想化レイヤを利用することで、こうしたアプリケーション側の変更を不要とした模様。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -