9月末にコア技術をアップデート

Googleの検索精度はMSNに劣る――MSが自社計測もとに指摘

2007/10/17

 マイクロソフトは10月17日の説明会で、ポータルサイト「MSN」が採用する検索サービス「Live Search」の検索精度が米国でGoogleに追いつき、日本では上回ったとの認識を示した。Live Searchは9月末に検索技術のコア部分をアップデート。日本も独自のチューニングを行ったことで精度が向上したという。

 検索精度の計測はマイクロソフトが実施。各国ごとにさまざまな審査員を用意し、検索結果で示される実際のページを判定してもらった。マイクロソフトディベロップメントのプログラムマネージャー 中島浩之氏によると、米国での検索精度は2006年までGoogleがトップで、Live SearchとYahoo!が続いていた。しかし、9月末のアップデートでLive SearchとGoogleが並んで、トップになったという。

live01.jpg マイクロソフトが行った検索精度の計測結果(国内)

 国内では2007年9月までYahoo!がトップで、Googleが2位。Live Searchは3位だった。しかし、アップデートによってLive Searchが上昇。Googleを抜いてYahoo!に続く2位になったという。中島氏は「Live Searchが2位というと驚かれる。Googleがトップでないのは、YouTubeの結果やWikipediaの結果が上位に来て、公式サイトなどが上位に来ないから。検索精度ではなく、ユーザーの好き、嫌いが反映しているのかもしれない」と話した。

 マイクロソフトが行ったLive Searchの改善は2つ。検索対象のインデックスを拡大したことと、ランキング技術の「RankNet」を各国語ごとにチューニングしたことだ。インデックスは従来の4倍に拡大し、「サイトをより広く、より深くクローリングする」(中島氏)ようにした。「ともかくどんな検索でも何か結果を出す方針を採った。検索結果が10件以下しか出ないケースは、アップデートによって従来の半分になった」(中島氏)

 ランキングではニューラルネットに基づく機械学習を日本語に合わせてチューニング。従来は米国と同じチューニングだったが、「ネゴしてごねて言語ごとにモデリング、チューニングできるようにしてもらった」(中島氏)という。さらに日本独自の改善として、単語の区切り判別の能力を向上。区切る際のミスを33%減少させたという。中島氏は「1単語の検索ではライバルよりも高精度になったと思う」と話した。

live02.jpg 検索サービスのシェア(米国はcomScore調べ、日本はNielsen//NetRatings調べ)

 矢継ぎ早に検索技術を改善し、新サービスを投入するLive Searchだが、先行するGoogleやYahoo!との差はかなりある。マイクロソフトによると米国でのLive Searchの検索数シェアは11%で、Googleの56%、Yahoo!の23%に大きく水をあけられている状況。国内での検索数シェアは5%で、さらに厳しい。Yahoo!は56%で、Googleは31%だ。マイクロソフトのオンラインサービス事業部 プロダクトマネージメントグループ 浅川秀治氏は「失うものは何もない。面白いトライアルをすることでライバルに追いつく」と話した。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -